プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
リボルバー Revolver
resize4450.jpg
プレイ人数 2人 プレイ時間 40~50分 対象年齢 10歳~
保安官側とギャング側に分かれて打ち合いをするゲームです
resize4454.jpg
これが戦うべき5種類のエリアで黄色にマーカーが置かれている所が現在のラウンドを表しています。1ラウンド進む毎にマーカーが1つ横の数字の場所に移動していき、例えば最初のエリアの銀行の4の次はキャニオンの1といった。流れになります。最後の決闘エリアである特急列車が終わった時点でギャングが1人でも生き残っていたらギャングの勝ち、それまでに全員死んだら保安官の勝ちとなります。砂時計の描かれているマスがありますが、これはカードの効果でのみ移動します。これにより終わるまでのラウンド数が変化することがあります。
resize4451.jpg
resize4448.jpg
これがギャングカードで最初ギャング側の手元に出しておくのですが、このカードは死ぬ度に除去されていきます。カードの左上に数字がありますがこの数字の低い者から死んでいき、小さい数字が複数ある場合にはその中から好きなキャラをギャング側が選べます。一部のカードは死んだ時に特殊効果を発動します。コルティを殺せれば保安官の勝ち、もしくは最後の決闘エリアである特急列車に入る前にコルテスを殺してもその瞬間に勝ちです。つまり勝利条件が2パターンあるわけです。
resize4452.jpg
これがメインとなるカードで、それぞれが62枚ずつ別々のカードデッキを持っており最初良く混ぜ山札にして手元に置いておきます写真上部が保安官側のカードで下部がギャング側のカードです。カードは大きく分けて3種類(ギャング側は2種類)で1つ目はカード左上に数字の書いてある攻撃カードでこれは自分側の好きなエリアに配置します(今戦っているエリアでなくてもok) ※これはラウンド終了時互いの数字の合計を比べてギャングが死ぬかの判定をします(後述) 後は通常カードでこれは効果を適用した後捨て札にします。保安官側にはオレンジの枠のブロックカードという物もあり、これはギャング側に置くのですが、これを置かれると場に出せる攻撃カードの枚数が1枚減ります。
※中にはカード左上に四角い枠で数字の書かれたものがありますが、これはこのカードを出す場合にその枚数だけ手札からどれかのカードを捨てなければならない事を表しています。上の写真例だと攻撃力が4もあるガトリングガンは強烈ですが、これを出すには手札から2枚捨てなければいけない事になります
ゲームの流れとしては各自最初に5枚ずつデッキから引き手札とします ギャング側から手番を行うのですが
①自分のデッキからカードを2枚引く
②カードを出す

こういった流れで行います。これが終わったら今度は保安官側が同じように①、②を行います。お互いが終わったらギャングの死亡判定を行い、次のラウンドに入り同じようにやっていきます。
①に関しては言葉通りで2枚引くだけです。②は手札から好きな枚数だけ使用することができます。攻撃カードを出す場合には好きなエリアに置くことができるのですが、ギャング側は各エリアに3枚までしか置くことができません(保安官側は無制限) もし3枚置かれた状態で更にそのエリアに出したい場合にはどれかを捨てて置くことが可能です。
resize4449.jpg
お互いの手番が終わったら死亡判定に入ります。今戦っているエリアに置かれている攻撃カードの合計を比べます(そのエリア自体の攻撃力もあり例えば上の写真のキャニオンでは左下に描かれている通りギャングが+3されます) 保安官側の方が大きかった場合にはギャングが1人死に、同点以下だった場合には死にません。上の場合だと保安官側は4+1+1+2で8 ギャング側は1+3+3で7なのでギャングが1人死ぬことになります
resize4453.jpg
もしそのラウンドに1人もギャングが死ななかった場合には写真ようなメキシコ国境カードに置かれている(亡命)トークンを1つ取り除きます。要は逃げちゃうという事ですね。これが全部取り除かれた場合ギャング側が勝利します。ギャング側は最終ラウンド終了までに1人でも生き残っているか、亡命トークン全てを逃がせば勝ちでお互い2通りの勝利条件がある事になります

感想

resize4456.jpg
私(ギャング) ゆーじ(保安官) 対戦時の様子
序盤から激しい銃撃戦に。ギャングが攻撃カードを4枚出していますが、1枚に含まずに出せる銃も存在するのでこうなる場合もあります。ラウンド数の多い場所は重要となるので打ち合いになる事が多いです
ルールとしては山札から2枚引いて好きなだけ出すだけなので凄くシンプルですがほぼすべてのカードに特殊効果がありますので、ある程度ゲーム慣れしている人とやるのがいいのかなと思います。カードを出す場合いくらでも出せるならバンバン出しちまえ!とやっているとすぐに手札が枯れてしまい(毎手番2枚しか補充できないので)苦しくなるのでどれだけ戦力を出すかやこの特殊能力カードをいつ使うかなどを考えなければならないのです
resize4447.jpg
通称 ベッキー かなり重要なギャングで一定の場所まで生かせておけば終了までのラウンド数が2減るのでギャング側が有利になります。ただし数字が1で早めに死ぬのでなかなか難しい ただし脱走勝ち狙いの場合は早めにサヨウナラでok
各自のデッキ枚数が多く最後までやったとしても山札に残ってしまうカードがかなりあるので、いいカードがデッキの下の方に固まってしまうと厳しい時があるのでここは少し辛いかも、ただ何回もやってある程度カードの内容が分かってくれば今回は亡命トークン無くす戦法で攻めるかなど手札見て考えられるので数遊んで初めて分かってくるゲームかなと思います。
最後の特急列車エリアの攻防が最も熱く、当然最後なのでお互いカードを出しまくります。このエリアのみ能力を発揮できるカードがあったり、ギャング側は列車を脱線させる事ができます。これをすると場に出ている全ての攻撃カードを捨て札にさせる事ができるのですが、残ってるギャングが全員死にますw ただの敗退行為じゃねーかと思うかもしれませんが手札を1枚捨てる毎に1人のギャングを生き残らせる事ができるので火力で押されている時には最後の必殺技として使えます
resize4455.jpg
言語依存が凄いのでシールを張る必要があり(対応表を毎回見るのはちょっと時間がかかり過ぎます)そこがネックでしょうか。カードのタイトルが面白いものが多いのでできればこちらも和訳化した方がいいと思います。この方が絶対楽しいですw

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/380-001c575a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)