プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイアットアープ Wyatt Earp
resize5307.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45~60分 対象年齢 12歳~
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
お尋ね者を逮捕して沢山の賞金を稼ぐゲームです
resize5306.jpg
最初場中央に7枚のお尋ね者タイルを円状にして並べて各タイルの上にお金を1000ずつ置きます
ゲーム中お尋ね者にはお金がドンドン置かれていきます。このお金を沢山集めるのが目的です
resize5311.jpg
カード 各お尋ね者の書かれたカードが7枚ずつ(写真左)とカード左上に星の書かれた保安官カード(写真右)があります(全78枚)
これを良く切って最初全員に10枚ずつ配り、残りは場中央に置き、1枚だけ捲り表にして山札の横に置きます。ここは捨て札置き場になります。
手番では
①山札から2枚引くか捨て札の1番上のカードを取る(必須)
②手札からカードを使用する(任意)
③手札からカードを1枚捨てる(必須)
この順番に行います。終わったら次の人の手番になります
①は山札から取ると2枚引けますが何が出るかは分かりません。捨て札から取る場合には表向きに置かれているので何が貰えるかは事前に分かります。山札から取る時にカードが無くなった場合には捨て札を混ぜて山札を作ります
②ではカードを使用するのですがお尋ね者カードに関しては1回の手番で何枚でも出すことができます、保安官カードに関しては1枚だけしか使用することができません。ただしお尋ね者カードを出す場合には1つだけルールがあり、各お尋ね者カードに関しては最初は3枚以上を一気に出さないといけません。既に3枚以上出ていれば何枚でも(1枚でも)出すことができます。これは誰かが出せばいいので、他の人が3枚以上出していてもok。お尋ね者カードを出した場合には自分の手元に並べておきます。
そしてお尋ね者を出した枚数-1×1000のお金をそのお尋ね者タイルの上に置きます
resize5310.jpg
例えば写真のように黄色(Butch Cassidy)のお尋ね者カードを3枚出しました。これ以降は全員このお尋ね者に関しては何枚でも出すことができます。3枚置いたので3-1でお金が2000追加されます
resize5309.jpg
保安官カードに関しては1回の手番で1枚だけ使う事ができます。使った場合特殊な効果があり、手元に置かれるものと使用後捨て札に置かれるものがあります。中には判定を行うと書かれているものがあり、この場合には山札から1枚捲ります。捲ったカードがお尋ね者カードなら成功 保安官カードなら失敗となります。成功した場合はそのカードの効果を得る事ができます。失敗の場合はそのカードの効果を得る事なく捨て札になります。山札から捲ったカードはいずれの場合にも捨て札になります
③では手札を1枚捨てます。※注意なのはこのアクションは必須なので必ず1枚捨てなければいけません。捨てられない状況を作ってはいけないので②で手札全てを使ってしまってはいけないという事になります
手番を続けていって山札が2回無くなった、もしくは誰かの手札が無くなった時にラウンドが終了して賞金の分配に入ります。1人1人のお尋ね者について見ていくのですが、まずそのお尋ね者カードの影響力が8以上(全員の手元にあるそのお尋ね者カード左上の数字の合計)あるかを見ます。もし無かったらそのお尋ね者に関しては賞金の分配が行われずそのままにしておきます
8以上あった場合には各プレイヤーの影響力を比較します。当然多い人ほど沢山のお金を貰えるわけですが、1番多い人と5以上のポイント差があった場合、その人は何も貰えません。4以下の差だった場合には分配に入れます。まず一番多い人が2000を取り、次に多い人が1000その次に多い人が1000という感じで分配していきます。全員が取り終わったら一番多い人からまた1000といった感じで無くなるまで取っていきます。もし一番多い人と2番目に多い人の差が5以上あった場合には一番の人が賞金を全て取れます
resize5312.jpg
例えばこの状態でラウンドが終わったとするとこのお尋ね者の影響力は一番左のプレイヤーが8 真ん中が4 右が3です。右のプレイヤーはトップと5以上の差があるので獲得に参加できません。つまり残り二人で分ける事になります。左が2000 真ん中1000 左1000 真ん中1000 ・・・ 無くなるまで続けます。
全てのお尋ね者の分配が終わったら次のラウンドに入るわけですがもし25000以上持っている人が居たらゲーム終了で一番お金を持っている人が勝ちになります

感想

resize5308.jpg
私 ゆーじ リポ 3人プレイ時の様子
一番手っ取り早いお金の稼ぎ方は1人のお尋ね者カードを出しまくって独占する事なのですが、当然他のプレイヤーはなかなかさせてくれませんし、ポイント差が4以下なら分配に加われるのでそれも狙ってきます。保安官の特殊カードをうまく使いつつ色々なお尋ね者からお金を得るのが理想な感じかな~ 保安官カードの能力は便利なのでついつい沢山集めたくなりますが、1回の手番で1枚しか使えないので手札がなかなか減らせなくなります。自分が有利な時にラウンドを終わらせて分配に入りたいのですが手札を全て無くさなければならないわけで、困らせてくれます。3人で30~60分くらいのゲームで遊びたい時に薦めたいゲームですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/381-17833355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。