プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラフ Bluff
resize5360.jpg
プレイ人数 3~6人 対象年齢 12~99歳 プレイ時間 30分
ベストプレイ人数 6人 オススメ 3~6人 ※Boardgame geekより
全員が振ったダイスの目の数を予想するゲームです
resize5356.jpg
このゲームで使うもの一覧でゲームボードとダイスとダイスカップです。ボードと赤ダイスは場の中央に置き、それぞれが黄色のダイス5個とダイスカップ1つを受け取ります。ダイスは6の目の代わりに☆が書かれています
そうしたら全員が手持ちのダイス全てをカップに入れて振り、自分だけが見えるように置き、出た目を確認します。
resize5358.jpg
そうしたらスタートプレイヤーの人は全員の振ったダイス目に何の目が何個あるかを予想して宣言します
resize5362.jpg
宣言する場合には赤ダイスを使ってその場所に置きます。上の写真例ですと2の目が4個以上あるよという宣言をしたという事になります。☆の目は1~5全ての目として扱うので1~5の目の出る確率は1/3という事になります。次の手番のプレイヤーは
①ビットを上げる
②疑う
どちらかを宣言します。※上級ルールではもう1つ選択肢が増えます
①ビットを上げる これは前に宣言した人の言っている事が合っていると思う場合に行います。この場合には今の赤いダイスの置かれた場所で目を上げるか、それより先の場所に移動するような宣言をしなければいけません。上の写真例の場合ですと3より大きい目で4つ以上あるという宣言をするか、5個以上あるという宣言をしなければいけないという事になりますね。個数を上げる場合(赤いダイスを進めるような宣言をする場合)にはダイス目は下げても構いません(もちろんそのままでも上げても良い)。写真の場合だと5個以上あると宣言する場合にはダイス目は1にしても良いという事になります
resize5359.jpg
ちなみに☆の書かれている場所には☆の目のみを宣言できます。
②疑う 前の宣言したプレイヤーの目に対して、いやいやそんなにないでしょと思った場合には疑う事を宣言します
そうしたら全員ダイスカップを開けて、前の人の言った宣言が当たっていたかどうかを確認します。前の人の宣言より少なかった場合 差分の数だけ前の人がダイスを失います。例えば3の目5個の宣言に対し疑って確認したら3だった場合 宣言はあっていたので前の人は5-3でダイスを2個失います
疑った人の宣言が間違っていた場合 疑った人はその差分だけダイスを失います。例えば4の目6個の宣言でしたが確認したら9こもありました。この場合疑った人は9-6で3つのダイスを失います。宣言した値と同数だった場合、前に宣言したプレイヤー以外の全員はダイス1つを失います。失ったダイスは全てゲームボードの中央に置いておきます
そうしたら全員がダイスを振り同じように進めていきます。全ての手持ちダイスを失った人は脱落となりゲームから抜けます。
最後まで残った人が勝者となります

感想

resize5361.jpg
私 不子 よっちゃん マロン たぬさん くろりん 6人プレイ時の様子
ダイス目の合計を予想しまだ行くか疑うかの2択というシンプルなパーティーゲームです
☆が全ての目扱いなので純粋に1~5は1/3 ☆の目は1/6となるのを説明すれば小学生高学年ぐらいの子でも遊びやすくなりますね。場に失われたダイスは全て置かれるのであと合計でいくつのダイスが残っているかは分かります。唯一自分のダイス目は分かっているのでこの目は少し多そうだとか予想はつくのですが、タイトルの通りブラフをかけて1つも自分の振った目にはないのに多めの宣言をしたりなどもできます。当然バレると疑われやすく大ダメージを食らう可能性が高いですが、これだけ宣言するなら振った目に沢山あるのかな?と思ってくれれば更に宣言をしてくれて別の人がダメージを食らう可能性が高いです。3人でも比較的遊べるゲームですがやはり人数が多い方が盛り上がって楽しいですね。6人のパーティゲーとしてかなり優秀なゲームだと思います。
resize5357.jpg
終盤の様子 3人脱落していて不子、マロン、たぬさんの戦いに 最後はマロンが勝ち!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/392-e9afb1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。