プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコン Archon: Glory & Machination
resize4546.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 90~120分 対象年齢 12歳~
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人※Boardgame geekより
執政官となり国王の恩恵を得られるように頑張るワーカープレイスメントとちょっとデッキ構築風(?)の要素が入ったゲームです
resize4552.jpg
ゲームボード かなり大きめ
resize4550.jpg
箱はそこまで大きくない為、珍しい八折りボードとなっています
resize4551.jpg
それぞれのプレイヤーは自分の色のワーカー5つと汎用カード8枚受け取り、後はそれぞれ赤青黄緑色のカードの中から2種類を1枚ずつ選び受け取ります。※ちなみにこのカード絵柄はゲームでは関係なく色のみが影響します
最初10枚の手札を5枚ずつ2つの山札に分けて、そのラウンドどちらを使うかを選びます。次のラウンドでは選ばなかった方の5枚を使い、次のラウンドではまた10枚を2つに分けてどちらかを使うといった流れになっていきます
resize4545.jpg
ワーカープレイスメントのゲームなので手番ではワーカーをアクションしたい場所に置いてそのアクションを行うのですが、置く場所にはカードが1枚か2枚書かれています。これは、この場所に置くにはその枚数だけカードを出さなければならないといった意味を表しており、例えば上の写真例だとお金を2貰える効果の場所ですが、最初に置く人はカード1枚使わなければならない、次以降の人は2枚使わなければならないという意味になります。※ただし色つきのカード(汎用ではないカード)を使う場合には2枚の時でも1枚でよく、更にその色のカードの特殊効果が発動します(後述)
手番でパスする事も可能で、その場合その人はラウンドから抜けるのですが、ラウンド終了時残った手札枚数が多い人から次のラウンドの手番順が決まるので早めにパスをするという選択肢もあります
resize4549.jpg
上はこのゲームで使う物で、写真左は兵士カード 3ラウンド毎に敵が攻めてくるのですが、兵士カードを置いていないとペナルティを食らいます。他にはお金や兵トークン 4種類の資材 ※資材はプレイヤー色と一緒で間違いやすいので注意!
後はタイルですね。これは建築士アクションでタイル左上のコストを支払う事によって貰え、特殊効果で一部のアクションが強くなったり得点が入ったりします
resize4547.jpg
デッキ構築の要素もあり、ギルドホールのアクションでは右上のコストを支払う事により1か所のマーカーを右に移動させる事ができ、これによりそのマスの右下に書かれている得点とその色のカード1枚を得る事ができます。得たカードは即座に手持ちのカード1枚と交換します(主に汎用カードと変える事になります) あくまでも交換なので、自分の手持ちカードは常に10枚になります。
色つきのカードの方が強いのでこのアクションにより自分のデッキが良くなっていきます
resize4544.jpg
このゲーム全部で9ラウンドあるのですが3ラウンドを1シーズンという呼び方をし各シーズンが終わる毎に敵が攻めてきてその後で決算が発生します
resize4548.jpg
ゲーム開始時に決算のボーナスカードが捲られ、1シーズン終了時には左のカードの決算を、2シーズン目は真ん中のカードをといった感じで見ていきます。書かれたカードを1番置く持っている人が何点(兵士の場合は配置枚数)といった形で得点を入れていきます。3シーズン終わったらゲーム終了で最も得点の高い人が勝者です
resize4543.jpg
色つきのカードの効果
上述の通り2枚の所を1枚で置けるのとそれぞれの色毎に特殊効果があります
 この色のカードを使ってワーカーを置いた人はその下に徴税官トークンを置きます。このラウンド中以後この場所にワーカーを置いたプレイヤーはその人にお金を1支払わなければなりません
 これを使った場合、既にワーカーを置く場所が全て埋まっている場合でもそのアクションをする事が可能です
 これを使った場合連続手番が行えます
 一部のアクションでこのカードを使った場合、効果が強くなります。例えば倉庫のアクションで資材を1つ貰うというものがあるのですがこのカードを使うと2つ貰えます

感想

resize5380.jpg
私(肌) ゆーじ(黒) 樫尾さん(灰) 3人プレイ時の様子
ワーカープレイスメントだけどワーカーだけでなくカードが必要でどのカードを使うか、その前にこのラウンドどのカードを手札に選ぶかという要素が独特ですね。自分の手持ちカードをどう変えていきどうやって勝利点を稼げるようにするかというのも戦略の幅があって面白い。絵柄のデザインも特徴的で好きな人も多いのではないかなと思います。
ただ視認性に凄く問題があると思えるゲームでもあり、ゲームボードがごちゃごちゃしていて最初分かりづらいです。後資材の4種類ですが、これがそれぞれのプレイヤーカラーとまったく同じ色というのも混乱しやすく、しかもこの4色が白肌灰黒と似たような色なので、コストの支払いの表記等の色も判別しづらく白と肌や灰と黒を間違ったりすることもよくありかなりやっかいです。
題材的にこの色がいいと思ってしたのだと思うのですが、もう少し遊ぶ時について考えて欲しかったなと思います。
resize5379.jpg
ゲーム終了時の様子 ゆーじの勝ち!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/396-eb75f463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。