プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
サンマルコ San Marco
resize4650.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 75分 対象年齢 10~99歳
ベストプレイ人数 3人 ※Boardgame geekより
ベネツィアの6か所で権力争いを行うゲームです
resize4649.jpg
ゲームボード 6つのエリアに分かれています
resize4653.jpg
ゲーム中 それぞれのエリアに各自 自分のコマを置いていきます。このゲームは全部で3ラウンドあるのですが各ラウンド終了時、それぞれのエリアで得点計算があり、一番コマを多く置いている人が書いてある大きい数字分の得点を2番目に多い人が低い方の数字分の得点を得られます。上の写真例だと青が6点 黄が4点入るという事ですね ※同数最多の場合は該当者全員が低い方の点数が入ります。2位が同数だった場合にはそれらの人は1点ももらえません
resize4655.jpg
これはエリアとエリアを繋ぐ橋。誰の橋か分かるように建設時に自分の色のコマを置きます。効果に関しては後述
resize4654.jpg
これがこのゲームでメインとなるアクションカード(左側)とリミットカード(右側)でアクションカードは自分を有利にするアクションを行うことができるので沢山取りたくて(効果に関しては後述) 逆にリミットカードはなるべくこの数字の合計が低い方が良いのでなるべく取りたくないカードという事になります。 最初それぞれ良く切り山札にしておきます
(3人プレイの場合)アクションカード6枚とリミットカード4枚を山札から引きます。親の人はこれを好きな組み合わせで3つに分けます。それが終わったらこれを順番に1つずつ取っていくのですが、アクションカードを沢山取りかつリミットカードが少ないのが理想ですが、取る順番は親の人が最後なので偏った組み合わせを作るとそれを取らされてしまう事になります。なのでアクションカードの枚数が多いものにはリミットカードも多めなどといった組み合わせを作る必要があります
resize4652.jpg
こんな感じに
取った人はそのカードのアクションを行いカードは捨て札に、リミットカードは捨てずに手元に置いておきます。全員がアクションを終えたら親が変わりまた同じようにしていくのですが、リミットカードの合計が10を超えた人が1人でた場合には、その人はそこでそのラウンドから抜けます。残った2人はもう一度だけカードの分配をすることができ(アクションカード5枚とリミットカード3枚を引き2つに分ける)それが終わったらラウンド終了となります。※2人以上の合計が10を超えていた場合には分配に入らずラウンド終了します。全員のリミットポイントを比較して、各自一番リミットポイントの多い人から自分のリミットポイントの数字を引いた分の得点を得る事ができます また最もリミットポイントの少ないプレイヤーは追放(後述)のアクションを行う事ができます。 それが終わったら6か所の場所でそれぞれの得点計算を行い、次のラウンドに入ります。3ラウンド目が終わったらゲーム終了で最も得点の高いプレイヤーが勝者です
アクションカードの効果
resize4648.jpg
全部で5種類あります
エリアカード そのエリアに自分のコマ1つを置く事ができます。もし隣接する場所に自分の橋が架かっている場合には代わりに橋の先のエリアに置く事もできます
橋カード 好きな場所に1つ橋を架ける事ができます
追放カード 1つのエリアを選びそこに置かれているコマを除去することができます。この場合まずエリアを選びダイスを振ります
目の数だけそのエリアからコマを除去しなければなりません。除去するコマは手番の人が選べます
resize4647.jpg
例えば青のプレイヤーが白と黄のコマが多くて邪魔だと思ったのでこのエリアを指定しダイスを振りました。5が出たので5個コマを除去しなければならないので、他にコマがないので自分のコマも除去することになってしまいます。
寝返りカード ボード上に置かれているコマ1つを選びそれを除去し、代わりに自分のコマを1つ置きます
ドージェカード ドージェコマの居るエリアで決算が発生します。ドージェコマは橋を使って移動させる事も可能で、その場合他人の橋を渡る場合にはそのプレイヤーに1つにつき1勝利点払わなければなりません
resize4651.jpg
例えば青のプレイヤーが写真の状態でドージェカードを使ったとすると橋を使って赤のエリアに移動させて決算を起こすと自分が8点取れるわけですが橙から赤のエリアに移動する際に白の橋を通るので白のプレイヤーに得点1を支払わなければなりません

感想

resize54900.jpg
私(黄) ゆーじ(青) 樫尾さん(白) 3人プレイ時の様子
メインとなるのはカードの分配でもっとホイップなどと同じケーキの切り分け系のゲームですね。これをどう分けるかが悩ましくてこう置けば他の人があれ取ってくれて自分がこれを選べるとかそういった事まで考えると難しくて面白い。リミットカードの存在も凄くうまくいかされててこれ取りたいけど数字多すぎグギギギって感じになります。
得点要素としては分かりやすいエリアに誰が多くコマを置いているかという事なので1時間前後のプレイ時間のゲームとしては説明も簡単な方かなと思います。3人で遊ぶ時にはかなりオススメなゲームです!
resize54890.jpg
ゲーム終了時の様子 ボロ負けでした^^;

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/415-1a2643a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)