プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ソルナ SOLUNA
solna1.jpg

プレイ人数 2人 プレイ時間 10~20分 対象年齢 7歳~

ディスクを移動させていき、スターを取る事を目的とするゲームです。

中身ですが
solna2.jpg

ディスクです。全部で12個で太陽、月、星、流れ星いずれかのシンボルが書かれており裏面にも表面とは別のシンボルが書かれています。

solna3.jpg

スタートークンです。ラウンド毎に勝った人が1つ受け取ることができます。
右は袋で ゲーム中は特に使うものではなく、用途としては箱にしまう時にバラけないようにという事だと思います。
中身はこれで全部です。

ルール

一方のプレイヤーが12個全てのディスクを両手で持ちそれらを重ならないように1つずつテーブルの上に置きます。
スターはテーブルの横に置いておきます。 これで準備完了です。
歳の若い方のプレイヤーが先手か後手かを選び、先手から始めていきます。

手番にはディスクをどれか選び、他のディスクに重ねます。 そうしたら手番は終わりで相手の手番になります。
ディスクの重ね方にはルールがあり
①高さが同じ
②シンボルが同じ

このどちらかを満たしている物でないと重ねる事はできません。
例をあげると
solna4.jpg
場がこのようになっています。 手番の人は右の太陽シンボルのディスクと星のディスクを高さが同じだったので重ねました。
solna5.jpg
手番が移り、相手は今さっき重ねたディスクと中央にある太陽のディスクは書かれたシンボルが同じなので重ねました。
solna6.jpg

これを繰り返していき、ディスクを重ねる事ができなくなった人がそのラウンドの敗者で勝った人はスターを受け取ります。
次のラウンドに行く時にはディスクを裏返さないようにして最初の状態に戻し、前ラウンドで負けた人が先手か後手を選び新しいラウンドを始めます。
こうして先にスターを4つ集めた人が勝者です


感想

10ラウンドほどやってみましたが、盛り上がる所がまったくないというか 中盤ぐらいからはこうやったらこうなって、勝ちだ、負けだなどといった事が分かるのですが 将棋で言う 3手詰め、5手詰め将棋みたいなもので(実際には将棋よりこちらの方が遥かに簡単)それ以外に考えるところもない。 逆を言えば早い段階でこれを思いつく人が確実に勝てるゲームな気がします。 次のラウンドに行く時もディスクを裏返しにしないようにしたりするのもガチの対戦をさせたいという事だと思うのですが 正直楽しさをほとんど感じる事ができませんでした。
良いと思ったのはスターのトークン、非常に良い。他のゲームでも使いたいぐらいに気に入っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/42-86f81085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)