プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
コロンバ Columba
resize4705.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 2人 オススメ 2人 ※Boardgame geekより
自分の領土を大きくしていくカード(タイル)配置ゲームです
resize4704.jpg
これが個人ボード それに鳩小屋4つ そのうち1つは特別な箱小屋です。写真左にあるのが目的となるカード(後述)
resize4703.jpg
手番ではカードの山札から1枚捲り配置します。配置の仕方は2通りあり
①既に置かれているカードに接するように置く
②既に置かれているカードに重ねる

どちらかです。①の場合ですが言葉そのままで、一辺全てが接してなくて半辺だけでもok 地形も特に合わせる必要もありません
resize4702.jpg
カードを配置した後、自分の手持ちの鳩小屋を場のカード上のどこかに配置することも可能です(①、②どちらの場合でも行動後に可能)。こうする事によって鳩小屋の置かれたマスに縦横で連続して繋がっている同じ地形全てを自分の領土として確保できます。ゲーム終了時この地形1マスにつき1点になります。写真例ですと今現在黄の鳩小屋の得点は乗っている茶色の地形が4マスあるので4点という事ですね。当然これをカード配置で同じ地形が繋がるように伸ばしていけば得点が増えます。※鳩小屋配置ですが、既に誰かの領土になっている場所には置けません
②の場合は既に置かれている場所に重ねるわけですが 重ねた場所の下にあった種類の鳥のタイルを得ることができます
resize4698.jpg
例えばこのカードを
resize4697.jpg
このように重ねたとすると、下にあった種類の緑と青のタイルが1枚ずつ貰えます
resize4696.jpg
貰ったタイルは個人ボードの目的カードのその種類の場所に置きます。逆を言えば目的カードに書かれたもの以外の種類のタイルは取ることができない、すなわちその種類を取るようなカードの重ね方はできないという事になります。上の例でいうと目的カードでは緑と白のタイルを1枚、青のタイルを2枚必要という条件なので、青と緑を1枚ずつ取るような重ね方ができました。後は白と青が1枚ずつ必要なのでこれ以外を取るような重ね方はできません。 ※あと重ねるルールについてもう1つ、既に領土になっている場所の上に重ねることは出来ません
resize4695.jpg
ではこの目的に必要なタイル4枚を集めたらどうなるかというと、これで初めてこれらのタイルを獲得した事になり、個人ボードのすぐ横のスペースに移動させます。そうしたら山札から1枚捲り、これが新しい目的カードになります。元々の目的カードはどうなるかというと、即座に①か②の方法で配置できるわけでつまり連続手番になります。
取ったタイルですが、自分の手番中好きなタイミングで配置できます。既に置かれているカードの上に置いてもいいし、接するように置いてもok ※ただし上に置いても新たなタイルは貰えませんし、領土となっている場所の上に置くことはできません
resize4701.jpg
例えばこのように白いタイルを置いて繋げた所を
resize4694.jpg
鳩小屋を置く 一気にでかい領土にすることも出来ます
resize4700.jpg
獲得したタイルにはもう1つ使用方法があり、これを2枚捨てる事によってこのゲームの主人公でもある雛タイルが貰えます。この雛タイルを持っている状態で更に2枚タイルを捨てるとハヤブサになります(写真参照) ※ただし1手番では雛の獲得か雛→ハヤブサにしかできないので一気にタイル4枚捨ててハヤブサを得ることはできません
このハヤブサタイルの使い方ですが、好きな場所に配置してブロックすることができます。カードや通常のタイルでは既に領土となった場所には置けなかったのですがこれを使うと領土関係なく置けます
resize4693.jpg
もしこのように黄色の白の領土がすごく広くなっていたとしても
resize4699.jpg
ちょっと(ゲーム中ずっとw)ここに居座りますよという感じで黄の領土が一気に減ります。更に分断された右の白が多く続く場所は誰の領土でも無くなったので自分の鳩小屋を置くことも可能になります。領土を作る際に1本の道で繋ぐ様に作るとこのようにヤバイ事になるので考える必要があります
山札のカードが全て無くなったらゲーム終了で、上述の通り自分の鳩小屋の置かれた領土1マスにつき1点 特別な鳩小屋は1マスににつき2点 もし個人ボードに途中の目的カードがあったら-4点 ※これを防ぐ為目的カードを達成した時に次の目的カードを受け取らないという選択肢があります。ただしこれを選ぶと以後目的カードが無くなるのでやるのは終盤になりますね
これらの合計点が最も高い人が勝者です
※4人プレイの場合はタッグ戦になります

感想

resize5545.jpg
私(黄) ゆーじ(紫) 2人プレイ序盤の様子
カードを置くのに悩ましいゲームで、序盤は重ねて置いて目的タイルを達成しつつ出来れば自分の領土を広げたいのですが、必要なタイル以外重ねておけないのでなかなか難しい。タイルをある程度溜めるとすごく出来ることが増えるので良い手が打てた時が凄く楽しいです。後いつ鳩小屋を置くかも大事。ハヤブサが狂ったような強さに見えますが、好きにおけるタイルを4枚捨てなければならないし、2手番かかるので相手も身構えられるのでそこまでではないですね(うまく使うとかなり強いですけど) 空中庭園と同じでプレイ人数で使うカード枚数が変わらないので、3人以上だと各自の配置枚数が少なすぎてハヤブサの出番などもほぼなくなってしまい戦略要素が下がってしまうので2人で遊ぶのが良いと思います
resize5544.jpg
終盤はこんな感じに

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/423-e3c3c084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)