プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
インカ帝国 Inca Empire
resize4805.jpg
プレイ人数 3~4人 プレイ時間 90~120分 対象年齢 12歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 3~4人 ※Boardgame geekより
インカ帝国を拡大していくゲームです
resize4803.jpg
縦長のゲームボード 写真は4人時に使う方で裏面は3人用のボードとなっています
resize4808.jpg
ゲームでは各自本拠地からいろいろな場所に進んでいきます(木の棒が通った道を表しています) 色が似ているので少し分かりづらいですが、色で分けられた場所はそれぞれの領土を表しており、まだ支配されていない領土には丸いトークンが置かれています。この領土に道を隣接させる事によって征服する事が可能になります。要はそれぞれ道をドンドン引き征服していくゲームですね。他のプレイヤーの引いた道の場所には引けない(イベントの効果によっては可能)ので道の取り合いも発生します。また都市や要塞の書かれた場所に道を繋ぐとそこに建てる事ができ、それによって得点を得る事ができます
resize4807.jpg
このゲームは全部で7ラウンドあるのですが インカフェイズ 建設フェイズ 太陽フェイズ ?フェイズと4つのフェイズがあり ボード左上(写真参照)には各ラウンドどういった順番で行っていくかが描かれています。1ラウンド目はインカフェイズ→建設フェイズ→建設フェイズ 2ラウンド目はインカフェイズ→太陽フェイズ→建物フェイズ→太陽フェイズ→建物フェイズ→?フェイズ といった感じ
インカフェイズ
各ラウンド最初は必ずこのフェイズから始まります。建設フェイズなどで使用する労働者トークンを受け取ります。何個受け取るかは各ラウンド毎に異なり、そのラウンドの上の枠に書かれています(写真参照) 1ラウンド目のインカフェイズでは4つ、2ラウンド目は3つといった感じです。更に領土征服して得たトークンに描かれている数や持っている棚畑1つにつき1追加で貰えます。全員が貰い終わったら今現在一番得点(勝利点)の高い人は一番低い人に2つ労働者トークンを渡さなければなりません。同様に2番目に高い人は3番目の人に1つ渡します。これが終わったらこのフェイズは終了します
建築フェイズ
このフェイズでは手番順に 道路の建設と征服or建物の建築を行います。どちらから先にやってもok
道路の建設ではボード上の既に自分の道が繋がっているところから隣接する場所に道を伸ばします。2本まで置くことができます
※注意なのはまだ征服されていない領土間には引けません
resize4806.jpg
征服or建物の建築では上の表に描かれているどれか1つを1回実行できます。征服する場合はその地域(トークンが置かれている)に自分の道が隣接している必要があり、そのトークン上部に描かれている数の労働者トークンを支払うことによって制圧しそのトークン右に書いてある数字分の得点が得られます。取った地域のトークンは手元に置いておき、下部に描かれている数の労働者トークンをインカフェイズの時に追加で貰えるようになります
resize4810.jpg
例えばこのトークンを取るには労働者トークンを3支払う必要があり、そうすることによって4点即座に入ります。更にインカフェイズ毎に貰える労働者トークンの数が1増えます
resize4809.jpg
都市(青)や要塞(橙)を建設する場合にはボード上に描かれた場所に自分の道が繋がっていてかつ周りの領土が征服されている場合に可能です。描かれた数の労働者トークンを支払うことによって勝利点を得る事ができます。更に立った建築物に道で繋がっているプレイヤーは?フェイズのたびに毎回得点が得られます。征服or建物の建築どちらもせず代わりに更に道1本を引くこともできます。この場合労働者トークンを1支払います。
太陽フェイズ
このフェイズの度に手番順が変わります。得点の低い人からになります
resize4804.jpg
最初イベントカードというものが全員に3枚ずつ配られるのですが、これを手番順に1枚ずつ裏向きで太陽ボードに置いていきます。置く場所は4カ所あるのですが各場所1枚ずつしか置くことはできません。置いたら山札から1枚引き手札を3枚にします。全員が置き終わったら表にします(写真参照)
そのカードの効果を縦横に書かれた色のプレイヤーはこのラウンド受けることになります。例えば写真左上のカード、これは建設フェイズで征服する場合必要な労働者トークンが1増えてしまうという効果ですが青と茶のプレイヤーに適用されます。
?フェイズ
各ラウンドの最後(1ラウンド目は除く)は必ずこのフェイズになります。上述のように建物に道が隣接しているプレイヤーはそれぞれ勝利点を得ます。残った労働者トークンは全て没収されます(次のラウンドに持ち越せません) 置かれたイベントカードは全て捨て札になります

7ラウンド目が終わったらゲーム終了 最も得点の高い人が勝者です

感想

resize4812.jpg
私(橙) りむをさん(茶) しゅだっちさん(緑) minaさん(青) 4人プレイ開幕の様子
序盤は地味な感じのゲームですがゲームが進むにしたがって道の取り合いや建物の建設など他のプレイヤーとの早い者がち合戦が行われるようになり楽しくなってきます。得点の高い人は労働者トークン一部取られるし手番順は遅くなるのもありあまり1人が走るような展開にもならないのでだれることなく進んでいきます
resize4813.jpg
中盤の様子
太陽カードのイベントも良くできていて+の効果のカードを置こうと思っていた所を先に自分の場所に-の効果のカードを置かれて苦しんだり、実に熱いですね。これだ!というウリは無いゲームではありますが全体的に楽しめるゲームではないかと思います
resize4811.jpg
ゲーム終了時の様子 しゅだっちさんの勝ち!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/439-576ffbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)