プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ブルームサービス カードゲーム Broom Service The Card Game
resize5702.jpg
プレイ人数 3~6人 プレイ時間 15~30分 対象年齢 8歳~
ブルームサービスのカードゲーム版です
resize5701.jpg
ゲームで使う9種類(色)のカード カード左上には数字が書いてありますが、これはこのカードが全部で何枚あるかを表しています
resize5696.jpg
プレイ人数によって使うカードの種類が異なり、例えば4人プレイの場合は黒と白のカードは使用しません
最初使うカード全てを良く混ぜ、各自に決められた枚数(プレイ人数によって異なる 上の写真参照)配り、各自そこから3枚選び手札とします。この時に同じ色のカードを複数枚選んではいけません。選ばなかったカードは脇に置いておきます
全員が選んだらスタートプレイヤーが手札を1枚出すわけですが、骨と同じように勇敢(強い)か臆病(弱い)どちらのアクションをするかを選びます
resize5699.jpg
勇敢な場合は正面を、臆病な場合は逆向きで置きます。臆病なカードを出せば確実にその色の薬を1つ得られます。勇敢な場合は他に勇敢な人が居なければその色の薬2つ+虹色の薬1つが貰えます。順番にスタートプレイヤーが出した色のカードを持っている人は出し、勇敢か臆病かを選びます。最後に勇敢を選んだ人がその効果を得られ次のスタートプレイヤーになります。この仕組みは通常のブルームサービスと一緒ですね。 これを繰り返して全員の手札が無くなったら1ラウンド終了です。
次のラウンドに入る前に3枚ずつカードを全員に配り、脇に避けておいたカード含むその中から3枚選び同じようにやっていきます。4ラウンド終わったらゲーム終了で得点計算に入るわけですが
resize5698.jpg
ゲームの最初場に目的カードというものが3枚捲られます。ゲーム中このカードに書かれた薬を獲得した場合には取る事ができ1枚5点になります
resize5695.jpg
得点計算ですが 獲得した薬を種類(色)毎に数え、上の表をみてその数に応じた得点を獲得します。※虹色はジョーカーではなく1色として数えるので注意 それに上述の目的カードを達成した場合にはその得点を加え 最も得点の高い人が勝者となります

resize5700.jpg
更にこのゲームではおまけとして本家ブルームサービスで使用する拡張カードが含まれています。使用方法ですが最初良く混ぜて2つの山にし表向きにして脇においておきます。ゲーム中臆病(弱い)アクションを選んだ場合そのアクションをせずにこのカードのどちらかを取る事ができます。取ったカードですが次以降、臆病なアクションをする代わりに使用することができカードに描かれた効果を得る事ができます(使い捨て) 取って使うまでには臆病なアクションを2回行う必要があるわけですね。獲得して使わないでゲームが終了してしまった場合には1枚につき1点になります

感想

resize5697.jpg
私 りむをさん とりさん mikaさん 4人プレイ時の様子
魔法にかかったみたいというカードゲームをボードゲーム化したのがブルームサービスでそれをカードゲームにしたというのが不思議な感じですね。ゲーム大賞エキスパート賞の影響力を強さでしょうか。強気か弱気かという2択のシステムは健在なもののこれでもかといういうぐらい要素が減ってしまっています。カードの種類が薬の獲得だけで全部同じなので凄くシンプル 同じ薬を沢山取るほど点効率が良くなるので、既に獲得した色のカードをそれぞれが選びやすいという事を考えるくらいですね。やった感覚としてはブルームサービスキッズという感じでした。 本家をやっていなければ楽しめたかもしれないですが個人的にはちょっと残念でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/446-cfbaa886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)