プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
サロンタイクーン Saloon Tycoon
resize5897.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 40~80分 対象年齢 13歳~
ベストプレイ人数 3~4人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
建物をどんどん建て街を発展させていき善良な市民を呼び込んでいくゲームです。ただし無法者には気を付けろ!
resize5899.jpg
個人ボード ここに建物(タイル)を建てていきます。最初は右上にあるサロンしかありません。
下部にある数字は手番の最初に貰えるお金の額を表していて、建物を1つ建てるごとに1ずつ上がっていきます。
resize5907.jpg
茶色コマはキューブで建物の上に配置します(後述) 右はお金ですね 下部は得点ボード
手番の流れですが、まず収入を得ます(上述)
その後
①お金を2得る
②建物を1つ建てる
③タイクーンカードを2枚引く
④タイクーンカードを1枚出す
⑤人を奪う(買収)
この中からどれか1つを選び1回行います。
後はフリーアクションで
・キューブを購入して配置
・目的タイルの達成
これらは何回でも行う事ができます
①は言葉のままです
resize5906.jpg
②の建設ですが、これが建物(タイル)で焦げ茶の枠に書かれている金額を払う事によって購入し建てられます。薄い茶に書かれたものはその建物を完成(建てただけでは完成とみなされないので注意! 後述)させた時に貰えるボーナスです
resize5898.jpg
こちらは特殊建物タイルで金額の他に指定された建物を既に建ててなければいけません。基本タイルと違って各1枚ずつしかありません。
resize5905.jpg
買った建物タイルは裏向きにして既に建物が置かれた場所の隣に配置します
resize5896.jpg
もし既に完成(後述)している建物があればその上に重ねる事も可能です
resize5904.jpg
特殊な建物を完成させるとボーナスとして場からその建物タイルに描かれている市民カードが手元にきます。これはゲーム終了時1枚につき5点になりますし目的カードにも影響します(後述)
resize5909.jpg
こいつらは無法者で条件を満たすとそのプレイヤーの元へ勝手にきます。負の効果しかもたらさないので来てほしくないのですが目的カード達成の為あえて呼ぶこともあります
③ですがタイクーンカードというものがあるのでその山札から2枚引きます。ただし5枚までしか持てないので超えたら5枚になるように手札から選んで捨てます
resize5903.jpg
④では手札のタイクーンカード1枚を出す事ができその効果を得る事ができます。上の写真例の効果を言うと、左上はこの手番あと2アクションする事が出来る、その横はお金を3得てタイクーンカード1枚を引ける、左下はお金を8得るが他の人も2ずつ得るでその横はキューブを3つ配置できる こんな感じで非常に効果が強いです
⑤ですが誰かの手元にある市民ないし無法者カード1枚をお金6を支払う事によって奪えます。奪わずに自分の手元にある無法者などを他人に押し付ける事も可能です。※注意してほしいのは奪うないし押し付ける事ができるのは誰かの手元にあるカードだけでまだ場にあって取られていない市民ないし無法者のカードは選べません
フリーアクションであるキューブの配置ですが場からお金を2毎に1つキューブを買う事ができます
resize5900.jpg
買ったキューブはすぐに建物タイルに乗せなければならないのですが、各建物タイルにはキューブを乗せる四角いマスがあり、大きいタイルは4マス、小さいタイルは3マスあり、ここに全てキューブが乗った場合には大きいタイルの場合は7得点(勝利点)、小さいタイルは5得点入り、更にそのタイルの完成ボーナスを得る事ができます。上述のように完成したタイルの上には建物が更に建てられるようになります
resize5908.jpg
建物は3階までしか建てる事ができません。もし3階の建物が完成した場合には自動で屋根タイルが配置され4点が更に追加されます。この屋根タイルの配置は自動でアクションを使わず置かれるので少しお得です
resize5902.jpg
もう1つのフリーアクションである目的タイルの達成 これは最初一定枚数上の目的カードというものが場に出ていて、その条件を満たした場合そのカードを取ることができ、書かれている数字分の得点を得られます。条件はだいたいが指定された建物を建てるとか市民や無法者を手元に集めるとかそういったものが多いです
resize5901.jpg
それとは別に最初それぞれのプレイヤーに配られる個人目的カードというものもあり、これは最初4枚ずつ配られ各自そこから2枚選び、伏せたまま手元に置いておきます。ゲーム終了時に達成してればその数字分の得点を得られます
ゲームを進めていって一定数以上のキューブ(プレイ人数×20)が場から取られたら他の人が1回ずつ手番を行いゲームが終了します。※終了トリガーが引かれたら以後⑤が出来なくなるので注意
得点計算では完成していない建物タイルは大が3点、小が2点で 市民カードは1枚5点で一部の無法者は得点が-5点 個人の目的カードを達成していれば得点を追加し最も得点の高い人が勝者となります

感想

resize5910.jpg
私(黄) リポ(赤) らーさん(緑) 3人プレイ終了時の様子 今回私は屋根を2つ作れという目的カードを持っていたので横にのばさずひたすら積んでいったのだ
どの建物をどう建てて行くかというのは目的カードが最初からあるのでそんなに迷う事もなく遊びやすいゲームといえそうです。アリアラなどと同じようにカードの効果が強いので(特に序盤)手番で何をするか迷ったらとりあえずタイクーンカードを引けといった感じでしょうか。公開目的カードや市民の取り合いなども発生するのでソロプレイ感はほとんんどないですね。西部(?)がテーマで建物を建てて行くというゲームは珍しいのかなと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/480-7b8eeb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)