プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ダイスブルーイング Dice Brewing
resize8068.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 45~90分 対象年齢 12歳~
醸造者となり資材(ダイス)を使い新しいビール(カード)を作り得点やお金を稼いでいくゲームです
resize8065.jpg
メインとなる4つの資材 黄がライトモルト 黒が黒モルト 緑がホップ 青が醸造スキル となっているのですが特に名前は覚える必要はありません
resize8064.jpg
最初各自4種類のダイス1つずつとお金2と芽トークン1つと倉庫カード1枚を受け取ります
ラウンドの流れですが
①手持ちのダイスを振る
②ダイスの配置
③店でトークンの購入
④ビールの醸造(カードを手に入れる)
この流れで行います。※各フェイズ手番順に行っていきます

①ですが手持ちのダイスを全部振ります。振ったダイスですがこの時点で倉庫カードの上に(一部だけでも)移動させることができます。これはどういった意味があるかというと、毎ラウンド①で手持ちのダイス全てを振らなくてはならないのですが、倉庫に置いておくとその目のまま残すことができます。後③の醸造では倉庫に(乗って)あるダイスを使って造る必要があります(後述)
resize8069.jpg
②では、手持ちのダイスを使い、その効果を得ることができます。ダイスプレイスメントですね。それぞれには上のような個人ボードが配られる(全員同じ)のでそこに必要なダイスやトークンを支払うことによってそのアクションが行えます。
写真を見てもらうとわかるのですが、大きく分けると4つのエリアに分かれていて、場所によって使えるようになるラウンド数の制限があります。具体的に言うと、左の2つの場所は1ラウンド目から使えますが、右上は2ラウンド目から 右下の場所に関しては3ラウンド目以降にしか使えません。
※それぞれがこのアクションボードを持っているので、早い者勝ちなどの要素がないように思えますが、プレイ人数によって各エリアを使用出来る人数が決まっていて、例えば3人プレイの場合2人が選んだエリアは残りの1人は使えません なのでどこを先にするかなどの要素も存在します
resize8067.jpg
アクションの効果ですが例えば上の写真の真ん中のアクション これは目はなんでもいいので黄のダイス1つをストックに戻す(×が書いてあるのはストックに戻すという意味で書いていないのはこのラウンドで消費するだけで次のラウンド以降ではまた使えます)事によって黒のダイス1つをストックからもらえるという意味です。ただし貰えるのはラウンドの最後なので実際使えるのは次のラウンドからなのですが、更に青の3以上の目のダイスを使うことによって即座に黒ダイスを受け取り使うことができる。
こんな感じになります
resize8063.jpg
③の店での買い物では市場と闇市場にあるトークンをお金を支払うことによって買うことができます
resize8062.jpg
④では場に出ているカードを必要な資材を支払うことによって購入する事ができます
resize8066.jpg
コストに関してはカード上部に書いてあります。上の例だと緑の4以上の目のダイス1つ、黄で2以上の目のダイスと3以上の目のダイス1つずつ、黒で3以上の目のダイスと5以上の目のダイス1つずつが必要という事を表しています。自分の倉庫カードの上に必要な色のダイス及び目があった場合買えます。買った場合には即座にカード左上に書いてある報酬を得られます。上の写真例の場合は5得点(勝利点)ですね。更に獲得時 カード下部に書いてあるダイスないし、トークンを支払うと更にボーナスを得ることができます。※追加でボーナスを得た場合には1点のおまけがつきます
これが終わったらラウンド終了で次のラウンドに入り同じようにしていくわけですが、一定枚数以上の醸造カードが取られたら(プレイ人数によって異なり、獲得した全員の合計数を見ます)ゲーム終了で所有するお金2毎に1点 黄と緑ダイスは1つにつき1点 黒は1つにつき2点入ります。以上の合計が最も高い人が勝者となります

感想

resize16934.jpg
私 ゆーじ 2人プレイ時の様子
ダイスを使ってアクションをしてうまく欲しいダイスやトークンなどを手に入れていって醸造カードを取るという流れで過程はなかなか面白いと思うのですが、条件がダイスの色を除くと目が~以上という要素しかないので低いダイスの使い道がまったくなく、振り直しもそんなにバンバンできないので(手番毎に全部振る事はできますが) ちょっと目次第の要素が強めなのでゲーマー受けしづらいのかな?と感じました。やる事は分かりやすいので1回遊べば次からはかなりプレイ時間短めで楽しめると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/491-18fd2305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)