プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
アバブ&ビロウ Above&Below
resize16956.jpg
プレイ人数 2~4人 プレイ時間 90分 対象年齢 13歳~
ベストプレイ人数 3人 オススメ 2~4人 ※Boardgame geekより
地上や地下を探検して村を作っていくゲームです
resize16951.jpg
ゲームボード 右にあるのは評判トラックでゲーム中、上がり下がりする支持があった場合には自分のキューブを移動させます。ゲーム終了時どこにあるかで書いてある得点(勝利点)を得る事ができ、更に他の人と比べて一番いい人には5点、2番目は3点、3番目には2点のボーナスがつきます。左の方にはこのゲームで出てくる8種類の商品が描かれています。下に描いてあるものほどレアで入手しづらくなっています。上は村人が置かれる欄で後述します
resize16950.jpg
これは個人ボード 最初から3人の村人が居ます。これらを使ってやりたいアクションを行うワーカープレイスメントのような感じのゲームですが、行えるアクションは個人ボード上に描いてある5種類 なので他のプレイヤーがどのアクションしようが好きなアクションを行えます。ただ場のカードを買うアクション(後述)などはどのカードを買うかは早い者勝ちなので手番順も関係してきます。
個人ボードをよく見ると森で区切られて3つのエリアに分かれています。最初は一番左のエリアに村人は居るのですが
使用した後は真ん中のエリアに移動します。これは使用済みを表していてこのラウンドは使う事ができません
一番右のエリアは負傷した場合にそこへ移動します(後述)
resize16955.jpg
ゲーム中 村人は増えていきます。写真例だとこのラウンド動かせるのは後2人で 残り3人のうち1人は負傷しているという扱いです。全員がパスをすると次のラウンドに入るのですが、村人は1つ左のエリアに移動するので行動済みの村人はまた次のラウンドで使え負傷の村人はその次のターンから使う事ができるようになります
resize16947.jpg
ただし村人全員が次のターンになると行動済みの場所から移動できるわけではなく、持っているベッドの数までしか移動させることができません。最初は3つしか持っていないのでこれより多くの村人を雇った場合、追加のベッドを買う必要があります。
写真下段の左はシードルで持っていた場合これを使う(使い捨て)事によって行動済みから行動前のエリアに1人を移動させられます。写真右はポーションでこれを使う(使い捨て)と負傷エリアから行動済みエリアに1人移動させられます
アクションの種類と効果
新しい村人の雇用
このアクションをするには羽のアイコンのついている村人を使用しなければなりません
resize16946.jpg
ゲームボードに居る村人1人を下に書いてある金額を支払う事によって雇用できます。雇用された村人は個人ボードの行動済みのエリアに移動します
労働者をこき使う
使った村人1人につきお金1を得る事ができます
resize16952.jpg
各ラウンド最初にこのアクションをしたプレイヤーにはおまけでシードルが1つ貰えます
建築(カード)の購入
resize16945.jpg
このアクションをするにはハンマーのアイコンのある村人を使う必要があります
場に地上カードと地底カードが4枚ずつ出ているのでカード左上に書いてあるお金を支払う事によって1枚買う事ができます。
買ったカードは手元に置いておきます。※ただし地底カードを買うには土台がないと置く場所がないので買う事ができません(後述)
ちなみにお金を1支払う事によって場にあるどちらかの列のカード全てを捨て札にし新たに4枚捲る事ができます。これはフリーアクションなのでお金を支払えば何度でも行えます
resize16957.jpg
買えるカードには他にもキーカードやスターカードもあります。これは一切ゲーム中補充される事はないもので効果が他の種類とは変わっています。下段のスターカードは値段も高く主にゲーム終了時の得点を上げるものなので終盤に買う事になります
収穫
resize16954.jpg
獲得したカードに商品が描かれてあった場合その商品トークンが置かれます。これを1つ取り個人ボードの上に移動させることができます。※ちなみにカードには点の描かれているものは2つ置かれ矢印の描かれたものは1枚トークンを置くのですが矢印の方は収穫された場合には次のラウンドに1つ沸くという仕組みになっています
resize16949.jpg
収穫した商品トークンですが個人ボード下部の枠に置く事ができます。置く場合には左のマスから置いていかなければならず、既に置いた種類の商品を置く場合にはその上に重ねなくてはなりません。毎ラウンドの最初に各自お金を貰えるのですが、商品が何種類置かれているかで貰える金額が変わり、一番右に置いてある商品の上に書かれている数字分のお金が貰えます。上の場合ですと7ですね。またゲーム終了時置かれた上に書いてある数字分の勝利点に1枚がなります。なのでなるべく多くの種類の商品を集めて、かつ後の方に置いた商品トークンを沢山集めるというのが理想になります。※一度商品をこの下部の欄に置いてしまったらもう戻すことはできません
resize16944.jpg
他の使い道としては個人ボード左上に置いて競りに出す事ができます。3以上の値付けが必要で他のプレイヤーは指定された金額で買う事ができます
探索
このゲームのウリともいえるアクションで最低2人以上の村人を選ばなければなりません
resize16953.jpg
土台カードの山札から1枚を取り手元に置きます(以後この上に購入した地底カードを置けるようになります)そうしたらダイスを1つ振り、土台カードのその目の所を見て番号を見ます
resize16948.jpg
ゲームブックがついているのでその番号の所を隣のプレイヤーが読みます。※()の中は成功した時の報酬なのでこの時点では読みません
そうすると選択肢がでてくるので(太字の部分)手番のプレイヤーはどちらを選ぶか選択します。上の例の場合はキノコ探しをするか、女を無視して探索を続けるかですね。選んだら探索を開始しその選んだ選択肢に必要な探索値をだせるように頑張ります
上の例だとキノコ探しの場合は3以上か5以上が必要、女無視の場合は2以上もしくは7以上必要という事になります
resize16943.jpg
そうしたらダイスを1つ振り、その目のまま1人の村人に置きます。各村人にはダイス目と探索値が書いてあり、書いてある目以上のダイスを置いた場合にその探索値が得られるよという事を表しています。全員にダイスを当てはめたら探索地を合計します。
上の写真例だと探索値6という事になりますね。もし女無視の選択肢を選んでいた場合には探索2か7以上なので2以上はクリアしている事になります。ただし必要探索値が高い物の方が成功報酬が多いので、できれば7にしたいのですが1足りません
その場合村人1人を負傷させる毎に探索値を1増やせます。なのでこの場合でも1人負傷させれば7となり成功となります
成功した場合には読む人はその探索の報酬()の中を読んで手番の人はそれを貰えます

7ラウンドが終わったらゲーム終了で全ての得点を数え最も合計の高い人が勝者となります

感想

resize16958.jpg
私 えりえりさん夫婦 3人プレイ時の様子
ゲームのルール自体は村人を使いアクションを行うという流れでアクションは5種類しかないしかなりシンプル気味です。
このゲーム一番の特徴は探索で、テキストを聞きそこから選択するというのが実際地下に探索に行っているようでワクワクします。自分の歳ですと、幼少期はにゃ〇んたんのゲームブック ある程度の年になってからはドラクエなど実際のゲームをゲームブックにした本が出ていまして、当時凄く面白かったんですよ。これをそのままボードゲームに取り入れてくれた感じで凄く楽しいですね。楽しいだけではなく探索ではお金や商品などが貰えゲームを進めていくうえでも非常に重要なアクションです。
読むほうも楽しいし凄い膨大な量のテキストがあるので回数やっても飽きることなく遊べます。
ただこのゲームは日本語版が出ていないのでゲームブックも全て英語です。なので直輸入などで買った場合には最低でも1人(できれば2人)英語ができる人が居ないとゲームとして成り立ちません。
日本だとトリックプレイさんが扱っておりゲームブック含めた和訳がついています

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/497-3aa7abd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)