プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
イシス&オシリス Isis & Osiris
resize0421.jpg

プレイ人数 2~4人 プレイ時間 10~20分 対象年齢 7歳~

各自 自分のコマとタイルをボードに配置していって自分のコマに隣接する場所に得点の高いタイルを置く事を目標とするゲームです。

中身ですが
resize0420.jpg
ゲームボード

resize0419.jpg
上がプレイヤーコマで各色8個ずつあります。
下はポイントマーカー各1個

resize0423.jpg
これがタイル 全部で22枚あります。 +のタイルは青 -のタイルは赤で書かれています。
右下の20と書かれているマーカーは最後得点計算の時±20点に達した時に受け取ります。
中身はこれで全部です。

ルール

まずタイル22枚を裏側にしてよく混ぜ場中央に置き 各自自分の色を決め、プレイ人数に合せた数のコマとポイントマーカーとタイルを受け取り手元に置きます。
※この時タイルは表向きにならないようにします(表を見てはいけません)
受け取るコマとタイルの数は
2人プレイの時はコマ8つ タイル11枚
3人プレイの時はコマ6つ タイル7枚
4人プレイの時はコマ5つ タイル5枚

です。残りのタイルはこのゲームでは使わないので裏向きのまま箱にしまいます。

適当な方法でスタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーから始めていきます。
手番になったら以下の2つの行動のうちどちらかを行わなければなりません。

①自分のコマをボード上で空いている任意のマスに配置する
②自分の手持ちタイルを1枚引き、表にしてその数字を他のプレイヤー含めた全員に見せてから、ボード上で空いている任意のマスに裏向きにして置く


どちらかを行ったら左隣のプレイヤーに手番が移ります。
ゲームボード上の最後の空いているマスにコマかタイルを配置したらゲームが終了します。
その後ボードに配置されたタイルを全て表にして点数計算に入ります。
得点計算は自分のコマに縦横隣接するタイル(斜めは含まない)を全て足し、その合計分だけ点数が入ります。
ポイントマーカーを使って入った点数の分だけ動かします。
これを各自ボードに置いたコマ全てをそれぞれ計算して点数の高い人が勝者です。
resize0424.jpg
この写真の例だと 黒は1+2-2-4で-3点 緑は2-2-4で-4点 黄は3+2-2-1で2点 入ります。

プレイ記(2人用)

resize0415.jpg
不子と対戦 私が黄で不子が緑
このゲームは暗記力が必要なのだが、私は苦手^^;
序盤はけっこう覚えられたが中盤辺りからわけが分からなくなってくる
resize0417.jpg
中盤の様子  もう分からなくなってきてたぶんこっちが+だろと思い置く事が多い。
そして終盤に、タイルを引く時は+なら自分のコマの隣に、-なら不子のコマの横に 引く時はこうすればいいので問題がないがコマを置く時はもう全然分からない、しかしながら得点にする為にはコマを置かなければならないのだ。
そしてゲーム終了 結果は
resize0414.jpg
私 0点 不子 8点 で不子の勝ち!
(写真では私のポイントマーカーの位置が-1の所にあり間違っています)

プレイ記(3人プレイ)

私(緑)、ゆーじ(紫)、甥S(黄)の3人プレイ
resize0418.jpg
2人用に比べるとずいぶんゲームがやりやすい感じだ、なんか覚えやすい。 -タイルを引いた時は自分以外の2人のコマに隣接する場所に置けると非常に効率が良い。
resize0422.jpg
中盤の様子、このゲーム+だらけのマスに自分のコマを置くというのはかなり無理がある(他の人が-を引いたら当然置くため)なので+1~2点ぐらい取れればよしと考えるべきだと思う。 それが確定できる(周りが全部埋まっているマス)場所があるなら迷わずコマを置くべき といっても暗記要素もあるので終盤近くなるとなかなか覚えていられないが・・・
そしてゲーム終了
resize0416.jpg
私と甥が7点 ゆーじが4点

2回戦目
resize0413.jpg
甥が16点 私が0点 ゆーじ-2点 で甥っ子(小6)の圧勝!

感想

ルールを見ると暗記力がないと話にならないように感じだけど実際はそこまででもなく神経衰弱ほど結果に差はでない。
このゲーム考える所はどちらかのアクションを必ずしなければならない事、-が怖くて最初にタイルばかり置いているとタイルがなくなり後半はコマを置くの1択になる。しかもボードのマスが埋まってくると置ける場所の選択肢が減ってきて合計-なのが分かっている所に置かざるをえないという事もある。じゃあ逆にコマを最初に置きまくればいいのかというとそんな事をすると相手が当然-タイルを隣に置いてくる。 これをどうするかが考えどころなゲームだと思う。
中盤辺りからタイルがなんだったか分からなくなってくるけど、直前に置いたのだけでも覚えておけば何とかなる事も多いかなと
短時間で出来るのもいいかな。 暗記力要素があってプレイ時間が長いと大変そうなので
スポンサーサイト

コメント

これは遊んだことがあります!経さん的に、ぼちぼち、な印象のようですね。
[2014/04/22 18:51] URL | 樫尾忠英 #FDDq9IZE [ 編集 ]

少し記憶要素のあるゲーム
そうですねー
予想以上に早く終わるゲームなので3人で最後時間が少し余った時に遊ぶゲームとかだと向いてるかな
[2014/04/24 22:06] URL | #Wolgi.Xc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/50-db784831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)