プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フンギ Fungi
resize0430.jpg

プレイ人数 2人 プレイ時間 20~40分 対象年齢 10歳~

森の中にキノコを採りに行き、採ったキノコをフライパンで料理をします。バターや料理酒などを使うと更に美味しく出来、沢山の美味しいキノコを賞味する事を目的とするカードゲームです。

中身ですが
resize0429.jpg
これが全10種類のキノコで、カード上部の中央に書いてある数字がこの種類のキノコのカードが何枚あるか、フライパンの絵の下に書かれている数字がこのキノコを料理した時に入る点数(勝利点)、その下が売った時に貰える杖の本数を表しています。 写真一番右下のキノコはベニテングダケで毒キノコなのでこれだけは料理したり売ったりする事はできません(後述)

resize0426.jpg
写真左上はフライパン キノコを料理するのに必要です。その隣はバター、その横は料理酒 
写真左下は月、その横は籠 キノコのカード含めたこれら全部をまとめて森カード(全86枚)といいます。
写真右下は杖で全部で18枚あります。

resize0425.jpg
これは夜カード(全8枚)1枚で書かれたキノコ2枚分の価値があります。

resize0428.jpg
写真左は靴 右は早見表です。各キノコが何枚ありどれだけ点数が入るのかといった事やターンに出来るアクション、ターン終了後の行動などについて書かれています。
中身はこれで全部です。

ルール

森カードの中から2枚フライパンカードを取り出し各自の手元に1枚ずつ置きます。残りの森カード(84枚)を裏のままよく切り横1列に1枚ずつ8枚表に並べます。この列の事を「森」と言います。
その後各自に3枚ずつ配り残りは森の横に1つの裏向きの山にして置きます。
夜カード(全8枚)をよく切り1つの山にして裏向きのまま森カードの山の横へ 杖カードも1つの山にしてその横に置きます。 靴カードは森の山札が無い側の端から2枚の下に横向きにして置きます。
早見表を各自手元に置き、それができたら各自配られた森カードを見ます。
その時に
・籠カードがあった場合は即座に手元に出します
・月カードがあった場合には即座に捨て札にし変わりに夜カードを1枚引き手札に加えます
・ベニテングダケカードがあった場合には即座に捨て札にします

これで準備完了です。
resize0427.jpg
準備完了図

一番最近、夕食でキノコを食べたプレイヤーがスタートプレイヤーになりゲームを始めていきます。
手番に出来る事は5つでどれか1つを行わなければなりません。
例外として出来る行動が1つもない時のみパスとなり相手の手番となります。

①森からカードを1枚取る
②腐敗カード置き場のカードを全て取る
③同じ種類のキノコ3枚以上を料理する
④同じ種類のキノコ2枚以上を売る
⑤手札からフライパンを1枚出す


①ですが場の森から1枚取り手札に加えます。下に靴カードが置いてある場所の森カードでしたら無条件で取る事ができますが、それ以外のカードを取る場合には杖カードが必要です(杖カードの入手法に関しては④の説明で)
靴カードが下に置いてある森カードの隣のカードを取る場合には杖カード1枚、その隣は2枚と必要な枚数が1枚ずつ増えていき、山札の隣の森カードを取る場合には6枚必要になります。使った杖カードは捨て札にします。
また手札枚数には上限があり最初の段階では手札が8枚を超える場合にはこのアクションを行う事はできません。
籠カード、月カード、ベニテングタケカードを取った場合には手札に加えず(手札枚数として数えない)即座に出します。
・籠カード 即座に手元に出します。 これにより手札の上限枚数が2枚増えます(1枚手元に出すごとに2枚ずつ増えます)
・月カード 即座に捨て札にして夜カードを1枚引きます
・ベニテングダケカード 即座に手元に出します。これにより手札の上限枚数が4枚減ります。その時に減った上限枚数
以上の手札を持っていた場合にはその分だけ手札を捨て札にします。

ベニテングダケカードは次の自分のターンが終わった後に効果が切れ、手元に出していたベニテングタケカードは捨て札にします。
※一見すると大問題なカードに見えますが、時間で効果は切れますし要らないキノコカードなどを処分するのに役立ったりする事もあります。

②ですが腐敗カード置き場(これに関してはターン終了後の処理の方で説明します)にあるカード全てを取り自分の手札に加えます。全て取らなければならないのでその時点で手札上限を超えてしまう場合にはこのアクションを選ぶ事ができません。

③ですがまだ料理に使っていないフライパンカードが自分の手元に出ていて、かつ自分の手札に同じ種類のキノコが3枚以上あった場合に選ぶ事ができます。 フライパンの上に料理する同じ種類のキノコ(3枚以上)を出しカードに書かれた点数を得る事ができます(カード1枚1枚に書かれた点数が入ります、点数計算はゲーム終了後まとめて行います) この時夜カードで料理する種類のキノコカードを出した場合には1枚で2枚分として扱います。
また4枚以上のキノコカードを出した場合には一緒にバターカードを入れることができます。バターカードは3点得点が入ります。5枚以上のキノコカードを出した場合には一緒に料理酒カードを入れることができます。料理酒カードは得点が5点入ります。8枚以上の場合はバター2個、9個以上ならバターと料理酒、10枚なら料理酒2個入れる事も可能です。
一度料理に使ったフライパンカードは後から追加で入れる事はできません。ゲーム終了まで手元に置いておき、ゲーム終了してから点数計算をします。

④ですが同じ種類のキノコを2枚以上同時に売る事ができます(1枚だけでは売れません) 売ったカードは捨て札にし、カードの杖の絵のアイコンの描かれている下の数字の数だけ(1枚、1枚の合計を足した数です)杖カードを貰います。貰った杖カードは手元に出して置きます(手札枚数には含みません)
一度に複数の種類のキノコを売る事はできません。

⑤ですが手札のフライパンカードを手元に1枚出します。

この5つのうちいずれかのアクションを行ったら次のステップを実行し手番が移ります。
森を見て最も靴カードに近い位置にある森カード1枚を腐敗カード置き場(森のすぐ横の場所に決めて置くのがいいと思います)に1枚置きます。ここには最高で4枚まで置いておけて(1枚1枚見えるようにずらして置きます)もし5枚目のカードを置く事になる場合には元々あった4枚を捨て札にします。 これが終わったら森にある森カードを靴カードのある方に詰めて、森カードを山札から捲り、空いた場所に置きます。

ゲームの終了条件は 場の森からカードが全部なくなった瞬間に終わります
各自料理した物をそれぞれ数え、点数の多い方が勝者です。 同点の場合は料理したキノコカードの枚数の多い方が勝ちになります(バターや料理酒は含みません、夜カードのキノコは2枚分として数えます)

プレイ記

ゆーじと対戦
resize0434.jpg
勝利点の高いキノコを集めてフライパンに入れたいんだけれども、高いものはそもそも枚数が少ないし カードの枚数制限が非常にキツイ。 籠かなり重要! 序盤はお互いカードを上限近くまで溜めまくる。 
resize0433.jpg
フライパンは13枚あるのでそんな気にしないでいいだろうと思うが腐敗カード置き場にいくとすぐに腐ってなくなってしまうそれゆえ3枚ぐらいは取る事を考えなければならない。 1回目はキノコを売って杖を取る余裕も無く終了。
resize0432.jpg
お互い3種類ずつ料理ができました。 しかし私のキノコは得点が低いのばかりでバターも1個だけなので対して得点も得られず。 23点対33点でゆーじの勝ち

2回戦目はお互い分かってきて効率よくキノコが集められる事に、月を引けば夜カードが貰え 何のキノコが貰えるかは分からないのだが2枚分の効果があるので非常に強い。ちょっと油断すると腐敗カード置き場に行き手札制限があるので取れないとか相手に取られるなどといった事も分かってきた。
今回は点数に対してならんキノコを売って杖を何本も取る! 結果私は3つ、ゆーじは5つの料理を作った
resize0431.jpg
38点対42点でゆーじの2連勝! 一番得点の高いアミガサダケ(1個6点)を揃えさせてしまったのが痛かった。

感想

キノコ狩りといったテーマが面白そうで買ったゲームなのですが、実際にキノコを探しているような感じになり楽しめるゲームでした。
裏向きになっている山札からカードを引いて取る(手元に加える)という事が最初配られる3枚と夜カードを取る時だけで、後は分かっている情報の元(表になっているカードから)取るので引き運に左右される事もほとんどなく、ゲーム好き通しでも楽しめるかなと思います。
得点システムも簡単なのであまりゲーム慣れしていない人でも普通に出来るかなとは思いますが、手番の選択肢が5個あるのはちょっと多いかなとも感じてしまう人もいるかな。(妻談) 
問題なのは手番が終わるたびにカードを腐敗置き場に移動させ山札から補充させないと行けないのですが毎回毎回やるのでかなり面倒くさいです。慣れてくるとさっとすぐにやるようになり手間とも感じなくなりますが最初はかなり嫌でした。値段も安いですし絵の雰囲気やテーマなどが好きで2人で遊ぶ機会が多い人に適したゲームじゃないかなと思います。
スポンサーサイト

コメント
ありがとうございます
こんにちは、はじめまして。

フンギのルールを探してこちらにたどり着きました。

フンギは17年1月現在日本語訳付きはアマゾンで5600円とだいぶ高騰していたため、ヤフオクで定価で落としたはいいけど、そちらは日本語訳なしだったため、かなり苦労していました。
やり方を探してこちらのサイトにたどり着いた次第です。

写真も多く、とても分かりやすく説明されていたので、大変助かりました!
これで娘と一緒にゲームができます。
本当にありがとうございました。
[2017/01/31 09:19] URL | かにみそ #aYDccP8M [ 編集 ]

フンギ
かにみそさん こんにちは。
記事がお役に立ったようで良かったです!
きのこを森に見つけに行って採ってきたものをフライパンを使って美味しく料理して得点を稼ぐというテーマ的にも娘さんも喜んでくれそうですね^^
[2017/02/01 22:20] URL | #0ZNr4uLg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/51-6d0ac343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。