プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャマイカ Jamaica
resize301231.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 30~60分 対象年齢 8歳~
ベストプレイ人数 6人 オススメ 3~6人 ※Boardgame geekより
船を使ったレースゲームです
resize301236.jpg
ゲームボード
resize301230.jpg
スタート地点に船を置き、1周すればゴール 後半の方のマスには数字が書いてありますが、これがゲーム終了時船がいる場所によって入る点数です。当然ゴールに近い程高く、一定より後ろのマスは全て-5点 それ以外にも得点要素があるので最初にゴールした人=勝ち ではないのですが、先にゴールした方が点が高くなりやすいので基本は誰よりも先にゴールする事を目指すことになります
resize301237.jpg
ゲームで使う資材で左から順に金、飯、大砲
resize301239.jpg
それぞれ倉庫(個人ボード)を持っているので資材を手に入れた場合にはここに置くのですが、倉庫は置く場所が5カ所しかなく、新たに資材を得たときに、既に埋まっている倉庫には置けないというルールがあります。なので例えば上の写真例ではまだ2つ空きがあるので置けるのですが、既に金が置いてある場所に金を追加で置いたりとかはできません。もし全てが埋まっていた場合には1箇所全てを捨ててそこに入れる事になります。
resize301229.jpg
カード 全員11枚ずつ取り(カード構成は全員同じ)良く切り3枚を手札とし残りは山札にして手元に置いておきます
カードの絵はあまり気にすることはなくて重要なのは左上と右上に書いてあるアイコンです
resize301232.jpg
ラウンドの流れですが、最初親の人がダイス(普通の面構成の6面体)を2つ振り、出た目を写真の枠に1つずつ置きます。
上の写真例では3,5の順に並べていますが5,3の順に置く事もできます(親が決められます) どっちにするかはすごく重要です!
resize301233.jpg
親がダイスを置いたら各自手札から今回行うアクションを1枚選び伏せて手元に出します。全員が出したら親がそのカードを表にしてアクションを行い、それが終わったら隣りのプレイヤーがカードを表にしてというのを繰り返していきます。
カードを表にした時のアクションですが、まずそのカードの左上に描かれているアイコンのアクションを左側に置かれたダイスの目の数だけ実行します。それが終わったら今度は右上に描かれているアクションを右側に置かれたダイス目の数だけ実行できます
例えば上の例ですと、緑の→は前に進むというアクションで、ダイス目が3なので3歩前に進むという事になります、その後に右にうつるのですが、これは大砲を貰うというアクションでダイス目が5なので5個大砲トークンを得られます(得た物は倉庫に置きます)
resize301235.jpg
移動に関してですが、移動を終えた場所に描かれている資材を支払わなければなりません
※もし移動を終えた場所に他のプレイヤーの船があった場合にはその前に戦闘をする事になります(後述)
◇のアイコンの場所はこの数だけ飯を払わなければならず、金のマークの場所はその数だけお金を払わなければなりません
もし足りない場合は払えるだけ払い、1歩後ろのマスに戻ります。そこでまた払えるかどかの確認をし駄目ならまた1歩下がってこれを繰り返して払える場所(もしくは何も払わなくても良い場所)まで下がることになります。
例えば上の写真例 黄の船がここで手番を終えたとすると飯を3つ払わなくてはいけません。倉庫には1つしかないので1つを支払い後ろに戻る事になります。後ろのマスには金5払う必要があるわけですが3しかないのでこれを全部払って更に後ろに、金3もないので更に後ろに
resize301234.jpg
この場所は支払いが必要ないマスだったのでここでストップします
resize301228.jpg
髑髏の形をした洞窟のあるマスには最初宝トークンを1枚ずつ置いておきます。各髑髏マスに最初に止まったプレイヤーはトークンを取り宝物カードの山札から1枚引けます(最初良く切っておきます)
resize301227.jpg
宝はゲーム終了時得点になるもの、逆に減るもの 特殊効果を得られる物の3種類
特殊効果のもの以外は裏向きにして手元に置いておきます。特殊効果の物の場合は表向きで置き、その効果を得られるようになります。
戦闘に関して
resize301226.jpg
上述のように他のプレイヤーの船と同じマスで移動を終えた場合、戦闘になります。その際には写真上のようなダイスを使います。面の構成は2,4,6,8,10,爆発マークが1面ずつ 先に手番のプレイヤーがダイスを振ります。この時爆発マークが出たら無条件勝ち
そうでない場合は相手もダイスを振り爆発マークが出たら勝ち、そうでないなら数字の比較をし数字が大きい方が勝ちになります
※ダイスを振る前に手持ちの大砲を好きな数支払うことができ、これは1つにつきダイス目を1あげる事ができます
※数字が同数の場合は引き分けとなります
戦闘して勝った方は相手に対し3つの選択肢のうち1つを選べます
・倉庫1つに入っている資材全てを奪う
・宝物カード1枚を(裏向きの物を取る場合はランダムに取る)奪う
・自分の持っている-の勝利点の宝物カードを押し付ける
このどれかです

全員のアクションが終わったら親が隣に移り全員自分の山札から1枚捲り手札を3枚にして(山札が無くなったらシャッフルしてまた作る)同じように続けていきます。誰かが1周したらそのラウンドでゲーム終了 得点計算に入るのですが 今自分が船の居る場所の点数 持っている金は1枚につき1勝利点 宝物カードに書かれている勝利点
これらの合計が最も高い人が勝者です。同点の場合はその中で最も進んでいる人が勝ちとなります

resize301240.jpg
私(黄) すづきさん(緑) つばささん(赤) Qさん(青) 4人プレイ時の様子
ダイスを使ったレースゲーですがアクションに関しては全員同じダイス目を使って手札から選んで行っていく仕組みなので資材の数を計算したりとなかなか考えどころがありますね。ほぼすべてのマスで支払いがあるのででかい目はひたすら移動にあてたりするとすぐに払えなくなって後ろに下がることになってしまいます(笑) 戦闘がしょっちゅう起こりますが(プレイ人数が多い程凄い) これはダイス目対決でワイワイ盛り上がるパーティーゲーの要素が強めでこれはこれで楽しめると思います。
レースゲームなのでプレイ人数が多い程楽しいと思うのですが、人数に比例してプレイ時間が伸びる訳では無く、戦闘の回数が増えるのでもう少し長くなります。

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/516-7b851e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。