プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルフェンロード Elfenroads
resize750026.jpg
プレイ人数 2~6人 プレイ時間 60分 対象年齢 13歳~
ベストプレイ人数 4人 オススメ 3~5人 ※Boardgame geekより
1992年にエルフェンロードというゲームが発売されて、そのリメイクという扱いでエルフェンランドが発売されたようで、これはそのエルフェンロードの新版(?)のようですがゲーム内容はエルフェンランド、拡張(過去にエルフェンゴールドという名前で発売されていた物)、新マップのエルフェンシーと3つの要素が入っており実際にはエルフェンランドの新版のような形になっています
resize750025.jpg
resize750024.jpg
ゲームボードと移動カードとタイルです。絵柄がだいぶ変わりましたがマップなどエルフェンランドのままですね。ゲームボードは少し橙っぽく夕方のような感じになっています。ゲームの進め方自体は変わらないのですがゲーム終了までのラウンド数が4→3に減ったり(4ラウンドはヴァリアント扱いに)しています
resize750023.jpg
これは拡張で使う物、お金という概念が追加されて、お金カードや決められた街に到達することによって得る事ができます。このお金を使った競りでタイルの獲得を争ったりします。また移動カードも毎ラウンド配られるのではなく場に出ている表の山札から選んだり、特殊なタイルが追加されたり 6ラウンドまで行ったりとさまざまな要素が加わっています
resize750022.jpg
これが今回のウリともいえる新要素のエルフェンシー 名前の通り海が多くなっていて街の数も20→32とかなり増えています
resize750021.jpg
写真中央がエルフェンランドでの移動コスト表でしたが右がエルフェンシーのコスト表です。なんとトロルとエルフ車はリストラ(最初ゲームから除外します) その代わりにクジラ(写真左)が入りました。クジラは1枚で海を渡れます(ただし川は移動出来ない)また猪2枚で山を雲ジイ2枚で海を渡れるようになっています。 ※クジラはイカダと同じで移動フェイズの時はタイルなしで移動可能なのでクジラのタイル自体が存在しません。つまり使うタイルは猪、雲ジイ、ユニコーン、ドラゴンの4種類だけとなります
resize750020.jpg
タイルはイノシシを山に、雲ジイを写真の様に海に配置出来ます。※雲ジイタイルの置かれた海区間でもイカダやクジラカードを使って通れます。
resize750019.jpg
今回はエルフェンハーヴェンから出発
resize750018.jpg
遠い(端の方)街には写真のような丸いアイコンの描かれた所があります。ここに到達した場合
resize750017.jpg
写真のようなボーナスタイルを得る事ができます このタイルは移動手段である6種類のいずれかの絵柄が描かれています。これらを良く混ぜて最初裏向きにして置いて、アイコンが2つ描かれた街に到達した場合には2枚このボーナスタイルを引いて1枚を取り裏向きで手元に置いておきます。アイコンが4つ描かれた街に到達した場合には4枚取り2枚保持します。選ばなかったタイルは裏向きでまた場に戻します。 手元にあるタイルは3つの使い方のうちいずれかとして使えます
①移動タイルとして使う
この場合はタイルを置くフェイズの時に使うことができ、ボーナスタイルに描かれている種類のタイルとして使用できます(通常のタイルと同じ扱いなので他のプレイヤーもこれを使って移動できます)
※イカダやクジラはタイル自体が存在しないのでこの方法で置く事はできません
使用した場合そのラウンド終了後捨て札になります
②捨て札にして山札から移動カードを1枚引く
③ゲーム終了時の得点計算に使う
ゲーム終了時はエルフェンランドと同じで訪れた街1つ(キューブ1つ)毎に1点入るのですが、このボーナスタイルを各種類誰が一番多く持ってるかを見ていって一番多い人に2点、2番目に多い人に1点と6種類全てでこの処理を行います

それ以外に関してはラウンドの流れはエルフェンランドと一緒ですが、毎ラウンドの最初に配られるカードの枚数が前ラウンドから持ち越してきたカード含めて8枚になるまでだったのが全員に8枚(足りない場合は全員同じ枚数配れるだけ配る)配ったりなど変わっている部分もあります。4ラウンド目終わったらゲーム終了で上述の得点計算をして最も高い人が勝者となります

感想

resize750027.jpg
私 ゆーじ 宮さん エルフェンシー3人プレイ時の様子
エルフェンランド+拡張+新マップとかなりお得だと思います。拡張に関しては入れるとかなり考える場所が増え6ラウンド目まであるのでプレイ時間が伸びますね。ただしプレイ感がだいぶ変わるので好きな人にはぜひ1度はやって欲しい感じです
エルフェンシーの方は街も増え全部を回り切るという事がまずできなくなり、ボーナスタイルの種類比較なども増えましたし、カードを残しても一定枚数次のラウンドにもらえる為取っておくことの有効性が増えカード引き運の要素なども減り、タイルも4種類しかないので少しゲーマー向けになったかなという印象ですね。国内ではほとんど出回ってないのが残念です

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/537-9eb0083b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。