プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ウボンゴデュエル Ubongo Duel
resize1164.jpg

プレイ人数 2人 プレイ時間 15~40分 対象年齢 8歳~

ウボンゴというパズルゲームの2人プレイ専用版です。
与えられた問題を相手よりも先にパズルを解くのが目的です。

中身ですが
resize1163.jpg
パズルタイル21種類  各自1セットずつ持つので全42個あります。

resize1167.jpg
パズルシート 9種類の物が2セット 計18枚あります。 右上にはA1~A9 裏面にはB1~B9といった番号が書かれています。 表面は4つのタイルを使う問題が、裏面(Bが書かれているほう)では5つのタイルを使う問題が書いてあり裏の方が難しくなっています。

resize1168.jpg
写真上が得点ボード
左下は20面ダイスです。 その横はコマです。
中身はこれで全部です。

ルール

各自パズルタイル21個 パズルシート9枚(1~9が右上に書かれているもの1枚ずつ)コマを1つずつ受け取ります。
パズルタイルは自分の手元に パズルシートは表面か裏面どちらを使うかを2人で相談して、下から順に9,8,7,6といった風に(上に行くに従って数字が小さくなるように)重ねて自分の手元に置きます。 コマは得点ボードの0の所に置きます。
ダイスは場中央に出して置きます。
これで準備完了です。

プレイヤーの1人がダイスを振ります。 ダイスの出目によってパズルシートに配置するタイルの組み合わせが決まります。
プレイヤーはパズルシートに書かれたタイルを素早く探し、そのタイルを使って相手よりも早くパズルシートの枠にピッタリ収まるように置かなければなりません。収まった場合には「ウボンゴ」と発言します! どちらかが発生した時点でそのラウンドは終了します。 発生した人は自分のコマを1つ進めます。 5まで行ったらその人が勝利です。
次のラウンドに行く時はパズルシートを1枚捲りそのシートを使い同様に進めます。
resize1166.jpg
(例) ダイスを振った所7の目が出ました。パズルシートの7の所を見て必要なタイルを用意します。
resize1162.jpg
これらを使ってこの枠に収まるように考え配置します。
resize1169.jpg
できました! ウボンゴと発生して得点ボードの自分のコマを1つ進めます。

ウボンゴとの相違点について
・ウボンゴでは4人までプレイ可能でしたが、デュエルでは2人対戦専用ゲームになりました
・ウボンゴでは表が3タイルを使った問題、裏が4タイルを使った問題でしたが今回は表4、裏5となっており 使うピースの数も多くなり形も複雑 同じ4タイルを使った問題でもウボンゴとデュエルでは難易度がまったく違い難しくなりました。
・ウボンゴではそれぞれが違う問題を解き、時間制限もあり 解いた後に宝石を取るといった事までを制限時間内にする必要がありましたが(一番持っている種類の宝石数が勝利条件でした) 今回は同じ問題を2人が解き 制限時間といったものもなくどちらかが解くまで終わりません。 また勝敗も5問解いた人が勝ちとかなり削られており とにかく解く事だけを考える内容になっています
・コンポーネントの違い ウボンゴではパズルシートは厚紙のしっかりした物でしたが、今回はペラペラの薄紙になっています。宝石などもなくなりました。 コンポーネントが落ちた分値段もだいぶ安くなっています。

感想

ウボンゴでは物足りなくなった人用のゲームです。難易度が格段に上がっておりウボンゴで4ピースは簡単すぎると思っている人でもデュエルの4ピースでは苦労します。 裏面の5ピースはお互いなかなか解けずに時間が凄くかかる場合があるので最初は表の4ピースからやったほうがいいかと思います。
宝石の要素が削られたのはかなり残念な所、どの色の宝石を取るかというのもゲームの面白い所でありテーマ的にもあってると思ったので、後2人でしか遊べないのも×
8歳~となっていますが子供と遊ぶ場合には最初は通常のウボンゴ(小さい子にはジュニア)をやった方がいいと思います。
とけないと全然面白くないゲームなので
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/61-ec838e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)