プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
宝石の煌き Splendor
resize1269.jpg


プレイ人数 2~4人 プレイ時間 30分 対象年齢 10歳~

宝石を集め、それを使いカードを得て行き、得点を稼ぐ事を目指すゲームです。

resize1268.jpg
これは宝石トークンです。赤、青、緑、白、黒、黄金と6種類(各7枚 黄金だけは5枚)あり黄金はいわゆるジョーカーで他の5種類のどの宝石としても使えます。

resize1267.jpg
resize1266.jpg
resize1260.jpg
これが発展カードです。カードはレベル1、2、3と3種類あります。写真左はカード裏側で下部の○の数がレベルを表しています。
カード左下にはそのカードを取るのに必要な宝石トークンの数が書かれています。右上にはこのカードを取った次以降の手番で他のカードを取る時に描かれている宝石の数だけ必要な宝石トークンを減らせます。
左上には数字が書かれているカードがありますが、このカードを取った場合にはこの数字分の得点を得た事になります。
レベルが高くなるほど必要な宝石トークンが増えてきて取るのが大変ですが、高い得点を得る事ができます。
(例)写真一番上(レベル1)の左から2番目のカードを取る場合には白の宝石トークン2個と赤の宝石トークン2個が必要です。そのカードの右上には赤い宝石の絵が書かれているので次の手番以降カードを取る時に必要な宝石トークンが赤1つ少なくて取る事ができるようになります。

resize1265.jpg
貴族タイル 左に書かれている条件を満たす事によって取る事ができ、3点の得点になります

ルール

レベル毎に分けてカードをよく切り、場中央に4枚ずつ表にして並べます。残りのカードはレベル毎にその横に山札としておいて置きます。
プレイ人数+1枚の貴族タイルをランダムに選び、場に出ているカードの上の方に置きます。
宝石トークンは2人プレイの場合は4個ずつ、3人プレイの時は5個ずつ、4人プレイの時は7個ずつ 黄金トークンだけはプレイ人数関係なく5個を場に種類毎に分けて置きます。
これで準備完了です。
resize1264.jpg
3人プレイ時の準備完了図

最も歳の若い人がスタートプレイヤーになりそこから始めて行きます。
手番では
①場にある異なる3種類の宝石トークンを1つずつ取る。ただし黄金は選ぶことはできない。
②場にある同じ種類の宝石トークンを2つ取る。ただし宝石が場に4つ以上ある種類でないと取れない。黄金を選ぶこともできない
③場にあるカード1枚をストックして黄金トークンを1つ取る
④取るのに必要な宝石トークンを払ってカードを1枚取る

この4つのうちいずれかを行います

①場にある黄金を除く任意の宝石3種類を1つずつ取ります。ただし持てる宝石の上限は10個までなのでそれ以上の数になってしまった場合は手持ちの宝石の中から好きな物を選び場に返して10個になるようにします。
resize1259.jpg
(例)白トークン1つ、青トークン3つ、緑トークン1つで取れるカードを狙う為にプレイヤーは①の行動をして白、青、緑のトークンを1つずつ取りました

②4枚以上場にある種類の宝石を2つ取る事ができます。上限を超えた場合は①と同様に返します

③場に出ている好きなカード1枚をストックし黄金トークンを1つ取ります。ストックした場合はそのカードは手元の横において置きます。
これは自分がまだ獲得したカードではないのでその効果は得る事ができませんが、ストックする事により他人が獲得する事ができなくなります。 次の手番以降ストックされているカードは必要な宝石トークンを払う事によって獲得できます。
ストックは各プレイヤー3枚までする事ができます。


④カード左下に書いてある獲得するのに必要な宝石トークンを支払いカードを取ります。
取るのに使った宝石トークンは場に返します。獲得したカードは手元に置いておきます。
次のターン以降カードの右上に書いてある種類の宝石の分だけ他のカードを獲得する時に支払う宝石トークンが少なくて済みます。カード左上に数字が書かれている場合にはその分だけ得点を得られます。取ったカードは右上の宝石の種類毎に少しずらして置きます(それによりどの種類の宝石のカードが何枚あるか、得点が何点かが分かります)

resize1263.jpg
(例)必要な宝石トークンが溜まったのでこれを支払いカードを獲得しました。使用したトークンは場に戻します。
カードは手元に置いておきます。このカードの効果により次以降の手番ではカードを取る際に必要な緑トークンの数が1つ少なくてすみます。
resize1270.jpg
カードを獲得していくと沢山宝石トークンが必要なカードも取りやすくなってきます。
上の写真例だと白、青、緑と1枚ずつカードを持っているので獲得に必要な宝石トークンは青1つと赤1つだけでOK

貴族タイルについて
場に出ている貴族カードにはそれぞれ取るのに必要なカードに書かれている宝石の数(トークン数ではないので注意!)が書かれています。手番終了時にその貴族が必要な分だけのカードを持っていた場合その貴族を取る事ができます。
貴族タイルは1枚につき3点の得点になります。

resize1261.jpg
手番を終えた所です。獲得したカードを見ると緑、白、青の宝石が3つ揃いました。その条件の貴族タイルがあるのでこれを得る事ができます。

各自手番を繰り返していって、誰かが獲得したカードと貴族タイルに書かれている数字の合計が15以上になった場合 そのターンでゲームが終わります。得点の一番高い人が勝者です。同点の場合獲得したカードの枚数が少ないほうが勝ちです。
resize1262.jpg
(例)獲得したカードと貴族タイルの合計を出すと1+4+1+2+1+3+1+3で16点になりました。
15点を超えたのでこのターンでゲームは終了します。

プレイ記(3人プレイ)

私、不子、よっちゃんの3人プレイ
resize1276.jpg
このゲームの基本としては最初からレベルの高いカードを取る事は難しいのでまずはレベル1のカードを集めるわけであって、それゆえ場に出ているレベル1のカードに必要な宝石トークンを取っていく事になる。
3人ともどんどんカードを集めていく。
私は完全に出遅れ、狙ってたカードを悉く不子に取られるorストックされ全然点が伸びない。
resize1274.jpg
貴族タイルも取れないまま終了。結局3回戦までおこない
私 9点 不子 12点 よっちゃん 15点 よっちゃんの勝ち
2回戦 私 15点 不子 15点 よっちゃん 9点 カードの枚数差で不子の勝ち
3回戦 私 19点 不子 14点 よっちゃん 16点 私の勝ち

プレイ記(4人プレイ)

私、ゆーじ、リポ、樫尾さんの4人プレイ
序盤は上の3人プレイと同じような展開になるのだがボードゲーム好きだけで集まっているだけあって中盤以降は他人の点数をチェックがみんな敏感になる。 このゲームは自分の情報は全てオープンなのだ。それゆえ後何点取られたら終わる、あのカードが次の手番で取られるしヤバイなどと直ぐに分かるのだ。 それゆえなかなか効率よく終わらせての勝利が難しい。 最後はもう一巡ぐらいで他の人も揃うという時に、ゆーじが15点に到達して勝利!
結果 私 13点 ゆーじ 15点 リポ 12点 樫尾さん 13点

感想

非常に分かりやすく、ゲーマーでもボードゲーム始めたての人でも楽しめる良いゲームです。
やる事も目的も明確に分かりとっつきやすさ抜群!
今年のドイツゲーム大賞にノミネートされたようですがキャメルアップと比べると家族などで遊ぶにも分かりやすく、私はこちらのが大賞向けなのではと感じます(コンセプトは未プレイ)
欠点としては値段の高さと箱の大きさ 正直5400円はちと高すぎです。宝石トークンが立派な物なので高くなるのは分かるのですが紙チップなどを使ってカードゲームにすれば値段、箱の大きさ共に半分以下でいけたんじゃないかなと感じます。
後はカードや貴族タイルの種類が少ないのも気になりました。貴族タイルで言えば3種類の宝石3つずつと2種類の宝石4つずつの2パターンしかありませんし、カードも必要な宝石トークンの数のパターンが色違いで数パターンしかなくちょっとここも残念。
上記により私は同じカードを集めて(強くなって?)いくゲームではCVの方が好みです。
しかし、宝石の方がCVより大賞候補というのは激しく納得、なぜなら遊びやすさは宝石の方が明らかに上だと思うからです。 大賞取って拡張希望(笑)

評価 良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/71-15845a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)