プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズーロレット ミニ Zooloretto Mini
resize1476.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30分 対象年齢 7歳~

檻を動物や景観タイルで一杯にする事を目指すゲームでコロレットの続編(?)的なゲームであるズーロレットのミニ版です。

resize1475.jpg
コロレットでは7色のカメレオンでしたが今回は7種類の動物(タイル)が居ます。写真下は池、岩、木の景観タイルです。
ゲームでは最初タイルを15枚除き1つの山にします。
resize1477.jpg
残りのタイル全ては袋に入れて手番ではそれを引きます。
袋の中のタイルがなくなったら15枚の所から引きこれが最終ラウンドになります。
resize1474.jpg
コロレットと同じで手番にはタイルを引くか1列(トラック)を取ってそのラウンドから抜けるかの2択です
resize1473.jpg
取ったタイルは自分の動物園ボードの檻の中に配置していきます。
檻は3つあるのですが1つの檻には同じ動物しか入れられません、景観タイルに関してはどの檻に入れる事もできます。
また1つの檻には最高で6枚までしかタイルを置く事ができません。
resize1472.jpg
動物園ボード中央には得点表が書かれています。これはゲーム終了時、各檻に居る動物が何匹いるかで入る点数が書かれており、4匹までは1匹につき1点しか入りませんが5匹以上になると点が一気に増えます。
檻の中に配置した景観タイルは1種類につき2点になります。
※同じ種類の景観タイルを複数毎配置しても2点です。また景観タイルは檻全体(3つ)で見るので別々の檻に同じ種類の景観タイルを設置しても2点です
resize1471.jpg
動物タイルの中には♂と♀のマークの書かれたタイルがあり両方を同じ檻に入れると子供が生まれます(○で囲まれたタイル)
resize1470.jpg
檻に置けない動物タイルや景観タイルはボードの飼育小屋に置きます。
ここにあるタイルはゲーム終了時1種類毎に-2点になります。景観タイルも1種類につき-2点です
※1枚毎ではなく1種類ずつです

ゲーム途中で各檻を一杯にした場合(6枚タイルを置いた場合)即座にボーナスアクションをする事ができ
(ⅰ)タイルを1枚奪う
(ⅱ)タイルを1枚捨てる
どちらかを行えます。(ⅰ)の場合は他のプレイヤーの飼育小屋にあるタイル1枚を選び自分の檻に加える事ができます。
(ⅱ)の場合は自分の飼育小屋にあるタイル1枚を捨てる事ができます。捨てたタイルはゲームから除外します。
ボーナスアクションは連続ではできません。例を挙げると最初のボーナスアクションでタイルを奪い、別の檻をまた6枚タイルで埋めました。このような場合は連続でボーナスアクションを行うことができません。

ゲーム終了時に得点計算をして一番点の高い人が勝者です。同点の場合は檻の中に景観タイルが沢山ある人(種類は関係なく枚数)が勝ち。それでも同点の場合は引き分けです。

雑記&感想

コロレットが家族にとても評判がよかったのでズーロレットかアクアレットを買おうという事になったのですが題材が水族館の方がよくてアクアレットを買いました。私自身は楽しめて買ってよかったと思えたのですが家族にはルールが増えすぎてコロレットの方がいいとの事でした。似たようなズーロレットは必要ないと思い買わなかったのですがミニの方が中古で半額以下で売っていて通常よりも簡単になってるので楽しめるかなと思い購入。
ルールはほとんどコロレットと一緒。一番の違いは最初に取った3種類の動物を+得点にするというのがほぼ決められてしまう所(ルールではいきなり飼育小屋に入れる事も可能だが最初からわざわざ-にする事はほぼない)
コロレットの場合は最後に+にする3種類の色を選べたので、例えば序盤 赤2枚、橙1枚、緑1枚、黄1枚などと取った場合、場に出たカードによってどれをプラスにするか考えられたのです。ミニの場合この制限がけっこうシビアに感じる。
得点に関しても、景観タイルの兼ね合いもあり5匹以上で一気に上がるという作者の意図もよく分かるのだが大雑把すぎるかなと感じた。 ただこれは個人の好みの違いだと思うのでコロレットよりもこちらの方が好きな人も多いと思います。
題材としては7色のカメレオンよりも動物7種類のがいいし、檻に動物入れて子供が生まれたりと子供と遊ぶと嬉しがってくれるんじゃないでしょうか(くれました)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/87-aaacbda1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。