プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
さくらんぼ狩り CHERRY PICKING
resize1487.jpg

プレイ人数 2~6人 プレイ時間 30分前後 対象年齢 8歳~

さくらんぼ、オレンジ、梨(?)、ぶどう、パイナップル、バナナ 6種類の木から効率よく収穫する事を目指すゲームです。

resize1486.jpg
これは果物の木カード1種類ずつ1枚計6枚あります。

resize1484.jpg
果物カードは各種類0~6までの数字が書かれたものが1枚ずつ(計42枚)
5種類のフルーツが書かれているものはワイルドカード(全5枚) その横ははしごカード(全11枚) 右はかごカードで0~9までの数字の書かれた(1だけはない)ものが1枚ずつ(全9枚)あります。

ゲームではまず果物の木カードを場中央に1列に並べます。 5~6人でプレイする場合にはカード全てを使いますが
4人プレイの場合ははしごカード1枚、ワイルドカード1枚、6の数字の書かれた果物カード全てと9の数字の書かれたかごカードを箱の中に戻します(ゲームでは使いません)
3人プレイの場合ははしごカード2枚、ワイルドカード2枚、5,6の書かれた果物カード全てと8,9の数字の書かれたかごカード全てを箱の中に戻します。
2人プレイの時は3人用の時に除外する全てのカード+はしごカード全てを箱の中に戻します
resize1481.jpg
これについてはサマリーカードにも書かれています。

カードを1つの山にしてよく切りそこから6枚捲り果物カードの下に1枚ずつ置きます。
resize1483.jpg
残りのカード全てを全員が均等の枚数になるように配ります。余りが出てしまった場合には表を見ずに脇によけておきます。これで準備完了です。

手番では手札から1枚選び裏にして自分の前に置きます。全員が出せたら一斉に公開します。 そして決められた順番通りに処理をしていきます。

はしごカードを出した人が一番最初に行動します。好きな果物カードの下にあるカードを収穫して手元に裏にして置きます(手札と混ざらない様に注意してください) 収穫して手元に置いてあるカードはいつでも見る事ができます。 収穫した後、出したはしごカードは収穫したカードのあった場所に置きます。
もし複数の人がはしごカードを出した場合(バッティング)には収穫を行う事ができません。代わりに自分の出したはしごカードを手元に裏にして置きます。

ワイルドカードを出した人ははしごカードの次に行動します。はしごカードとまったく同じで好きな果物カードから収穫できます。バッティングしてしまった場合も同じように出したワイルドカードを手元に裏にして置きます。

果物カードを出した人はそれぞれ自分の出したカードの種類の木の下にあるカードを収穫します。その後出したカードを収穫したカードのあった場所に置きます。複数の人が同じ種類の果物カードを出した場合には数字の大きい人から行動を行っていきます。

かごカードを出した人は最後に行動を行います。はしごカードやワイルドカードのように好きな所から収穫をする事ができます。複数の人がかごカードを出した場合には数字の大きい人から行動していきます。

これを手札が無くなるまで繰り返し行います。
終わったら収穫したカード(手元に裏になっているカード)の得点計算をします。
これを3ラウンド行い合計得点の高い人が勝者です

得点計算について
resize1482.jpg
まず全てのカードに書かれている数字の合計をします(はしごカードやワイルドカードは0として数えます)
それに収穫したはしごカードの枚数分の2乗をした得点を加えます。
更に全種類(6種類)の果物カードを1枚ずつ収穫している場合には10点追加されます。
ワイルドカードはどれか好きな種類の果物カードとして使う事ができます。
同じ種類の果物カードを4枚集めた場合には10点 5枚集めた場合には20点追加されます。
これを全部足した数字がこのラウンドの得点です。
resize1485.jpg
この例だとまずカードの数字の合計を出すと23点
はしごカード3枚なので3の2乗で9点
全種類の果物カードを1枚ずつ収穫したので10点
さくらんぼカードを4枚(ワイルドカードをさくらんぼカードとして使用)収穫したので10点
得点は23+9+10+10=52点 になります。

プレイ記&感想

私、ゆーじ、いかりや、らーさんの4人プレイ
resize1518.jpg
ゲーム自体はルールが分かりやすくていい。 ただはしごやワイルドカードを出した時に他の人とバッティングしてしまった場合、良くあるゲームのルールとしては手札が無効化されるなどといったものが多いと思うのですが、このゲームの場合バッティングしてもその手札が貰えるので「あーーーかぶっちゃった」ってな展開にならないんですね。得点計算の時にはしごやワイルドも重要な得点源になるのでむしろかぶった方がいいぐらい。かぶらないでも好きな木から取れるわけです。当然欲しい物があるからこそ出すわけでどちらにしてもかぶる事におけるデメリットはほぼないに等しい。なんかここが釈然としない感じです。
ゲームの方は私は最初からオレンジを狙う、目的はオレジン5枚での20点ボーナスでおまけで6種類集めての10点も取りたい。こんな感じ なかなか5枚集めるのは厳しいがワイルドカードを使用すればそこまで難しくない。途中なかなかうまくいかなかったのだが他の人もそんな感じ。 はしごはゆーじが集めたがってるのだが他の人も中途半端に取ってしまい苦戦中。 
resize1519.jpg

最後奇跡的にオレンジをほぼ全部独占 5枚で十分なのだが他の人の6種類揃いにくくできるので良い
結果
私 56点 ゆーじ 50点 いかりや 40点 らーさん 51点で私の勝ちワイルドカードを2枚取りフルーツボーナスを取れたのがでかかった。
はしごは2乗なので枚数集めないと得点が伸びずルール上大量に取るのは難しいからあまり重要じゃないのかな?と感じましたが後日またやった時に不子が6枚取り+36点 1位の最終得点が50~60点前後のゲームだと思うのでこれだけで36はそうとう高いです。
盛り上がる部分もあまりないように感じましたが毎ターン全員が必ず何かのカードを得る事ができるようになっているのでのんびり楽しめるゲームではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/88-102dd59f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)