プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
シトラス Citrus
resize1490.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 対象年齢 10歳~

できるだけ収入が大きくなるように農園を築き上げるゲームです。
resize1488.jpg
このような5種類(色)の農園タイルがあり、井戸の書かれているタイルもあります。
resize1489.jpg
これはゲームボード、これに各プレイヤーは購入した農園タイルを建設(置く)していきます。
ボード裏面は小さめのマップが描かれておりこちらはショートゲームで遊ぶ場合に使用します

手番では
①農園タイルを購入して建設する
②収穫する

この2択のうちどちらかを行います(パスはできません)

①農園タイルを購入して建設する
resize1493.jpg
農園市場ボードに乗っているタイルのうちいずれかの方向から1列全てを購入します
一部分だけ購入はできません。1列だったらどの列でも構いません。購入する際には1枚につき1コインを支払います。

resize1499.jpg
例えばこのような感じに4枚買ったとすると4コイン必要になります。
支払に関しては
resize1492.jpg
プレイヤーマット中央下に持っているコイン数(初期値は6)が書かれているので支払った分だけリングを動かし減らします。例の場合だと4コイン減ったので2の所にリングを合わせます。コインに関しては借金はできませんし12コインより多く持つ事もできません。
購入したタイルの置き方ですがボード上には家(フィンカ)タイルというものが置かれています(最初は4つだけですがゲームが進むにつれて増えていく)最初は各種類の農園タイル毎にフィンカに縦横接するように置かなければなりません。ただし各フィンカは縦横それぞれ違う種類の農園タイルでないと置く事ができません。置いた場合には種類毎にプレイヤーマットにいる自分の労働者コマを1つずつ置きます。他人の労働者コマの置かれた区画に隣接するように同じ色の農園タイルを置くことはできません。
resize1498.jpg
(例)赤の手番①の購入で赤2枚、橙1枚、黄色1枚の農園タイルを買いました。
写真中央のフィンカに置きたいと思っています。2箇所(道の絵が描かれている所)は空いているのでそこにタイルを置いていくのですが既に橙と紫のタイルは置かれているのでそれ以外の3色から選ばなければなりません。
赤2枚と黄色1枚を置き、残りの橙は別のフィンカの隣に置きました。そして自分の置いたタイルの種類毎に労働者コマを置きます。これで手番が終了です。
resize1496.jpg

タイルを購入した時に農園市場ボードに残っているタイルが3枚以下になった場合には即座にタイルを補充します
そしてフィンカタイルを新たに1枚ボードに配置します。

手番終了時にフィンカの回り8マス全てが農園タイルなどで埋まった場合にはそのフィンカで得点計算が起こります。
そのフィンカに隣接している農園で最も大きい(マス数が多い)農園が誰の物か確認します。 1番大きい人はフィンカに書かれている数字のうち高いほうの点数を得る事ができます。2番目に大きい人は低いほうの点数を得る事ができます。
1番大きい人が複数居る場合には両方が高いほうの点を得る事ができます。小さい方の点は誰も得ることはできません。
2番目に大きい人が複数居た場合には両方が低いほうの点数を得る事ができます。 得点計算が終わった後はそのフィンカタイルは裏返しにします(得点計算が終わったのが分かるようにする為です)

resize1497.jpg
(例)フィンカの回り8マスが全て埋まりました。このフィンカで得点計算が起こります。このフィンカに接している各プレイヤーの農園の大きさを見ると、赤5マス 青1マス 緑7マスとなっています。緑のプレイヤーが最も大きいのでフィンカに書いてある大きいほうの数字の12点を得る事ができます。2番目に大きい赤は6点を得られます。

※農園タイルはボードの岩の置いてある所には置く事ができません。フィンカに接している岩以外のマス全てが埋まっても得点計算になります。 また本来のゲームではゲームボードの木のような物が置いてあるマスには地形タイルというものが置かれています。このマスに農園タイルを置いた場合にはそのタイルを貰う事ができ色々な特殊効果があり手番中ならいつでも使うことができます。写真では説明の都合上置いていません。

②収穫する
①でボード上に自分の農園区間(自分の労働者コマを置いてある場所)がある場合に選ぶ事ができ、任意の数の農園の収穫をする事ができます。 収穫した場合には得点(勝利点)と収入を得る事ができます。
得られる得点ですが収穫した農園タイル1枚毎に1点獲得します。井戸がある農園タイルは1枚毎に2点を獲得します。
そしてその区間の労働者コマを自分のプレイヤーマットに戻します。
戻した後、プレイヤーマットに自分の労働者コマが何人いるかを数えてそれに応じた収入を得ます。
1人の場合は2コイン 2人の場合は4コイン 3人の場合は6コイン 4人の場合は7コイン 5人の場合は8コイン 得られます
resize1494.jpg
(例)赤の手番です。②で赤の農園タイルと橙の農園タイルを収穫しました。
赤の農園タイルは1+1+1+2(井戸)で5点 橙の農園タイルは1点 計6点を得る事ができます。
その後収穫した場所の労働者コマをプレイヤーマットに戻します。
resize1495.jpg
元々2人居たので計4人になりました。7コインを得る事ができます。 これで手番終了です。

※収穫した場所の農園タイルは自体はそのまま残り続けます。その場所には労働者コマが居ない為中立区画という扱いになるのですが、同色の農園区間を繋げてその中立区間を全てそのプレイヤーのものにする事も可能です。
ただし繋げる場合には合併前の自分の農園区間の方が中立区画以上の大きさでないと繋げることができません。

手番を繰り返していき、全ての農園タイルが配置されたらゲーム終了です。
この時点で囲まれていない全てのフィンカの得点計算を行います。 各フィンカ接している農園区間が最大のプレイヤーがフィンカに書かれている低いほうの得点を得る事ができます。複数居る場合には両者が低いほうの点数を得る事ができます。得点計算したフィンカは裏側にします。
その後労働者コマの残っている農園全てを各プレイヤーは収穫します。
最後に地形タイルの得点を計算して得点の最も高いプレイヤーが勝者です。同点の場合は両者が勝者です。


プレイ記&感想

私(黄)、ゆーじ(青)、らーさん(緑)、いかりや(赤)の4人プレイ
resize1504.jpg
このゲーム選択肢は2択しかなく、お金がある時はタイル購入、お金が無い時は収穫(お金がないと購入できないので選択肢がない)と実質1択の場面がほとんでどちらを選ぶかはまず悩まない。しかしどのタイルを購入してどう置くかもしくはどこを収穫するかという所が非常に悩み所であり面白い タイルの置き方だけれどもルール上で置き方の制限や他人のタイルがあって思い通りにはなかなか置けない。同じ種類のタイルを沢山置いたからといって収穫時得点の倍率が増えるわけでもないし、5マスぐらいにしてから収穫すれば中立地帯を他の人に乗っ取られる事もほとんどない(それだけタイルの枚数を揃えるのが難しい為)のだ。しかし需要なのがフィンカの得点計算である。1つの種類の農園を2つのフィンカに繋げれば2つのフィンカの得点計算に関われるので積極的に狙っていきたい
resize1503.jpg
これは序盤から中盤にかけてぐらいの時、それぞれプレイヤー毎に置くフィンカの場所ががうまくばらけている。
右の労働者コマは収穫で使うので右や中央のフィンカの得点計算は捨てて左側を独占して稼ぎ捲る魂胆だが、1人でやるとフィンカの回りは埋めるのが大変であまり効率がよろしくない・・・
resize1502.jpg
終盤近くになるとけっこうフィンカの得点計算が行われてくる。右側はまったく関われず今現在最下位な私だが後1つ赤の農園タイルを置くと左のフィンカの得点計算で点数が取れる。しかも他の2つのフィンカにも接しているのでこの2つも決算させれば高いほうの得点が貰えそうだ
resize1501.jpg
無事に繋げてトップに躍り出る。終盤タイルが無くなってきて、ゲーム終了時フィンカの得点計算で小さい方の点数でいいので取れそうな所を探したいがみんな同じことを考えているのでなかなか取れない。 いかりやは右の緑の農園タイルがフィンカに繋がり捲りで得点をかなり得られそう
らーさんは無難に稼いでいる。ゆーじは右側に力を入れていたのだが思ったほど点数が稼げなくて苦戦をしている。 そしてタイルが全てボード上に配置され終了。
resize1500.jpg
私が逃げ切ったかなと思ったのだが最後いかりやがフィンカと収穫でかなりの点を叩き出し同点優勝
私 84点 ゆーじ 59点 らーさん 71点 いかりや 84点
やっててダラダラする所がまったくなく常に考える事があるような感じでとても楽しめるゲームです。
プレイ時間も50分になってますし手番に出来る事は2択とここだけ見ると ボードゲームをあまりやっていない人でもオススメな感じがしますが考える事が多くてゲーム慣れしている人の方が向いているゲームかなと思います。

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/89-fdddb760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)