プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
ライム LIMES
resize1508.jpg

プレイ人数 1~2人 プレイ時間 20分  対象年齢 8歳~

カードを繋げて土地を作り、様々な領域にワーカーを置いていき得点(勝利点)を稼ぐゲームです。

resize1506.jpg
このような1~24までの数字が書かれているカードが2セット 両プレイヤーは1セットずつ持ちます。
カードには4種類の地形のいずれかが書かれていて、地形の種類は写真左の緑色の地形が森 黄色が農地 写真右の青色が湖 灰色が塔付きの岩場となっています。
resize1505.jpg
これはワーカー 7個ずつありプレイヤーは最初にどちらかの色を決めその色のマーカー全てを手元に置いておきます。

ゲームでは最初受け取ったカード24枚のうち 片一方のプレイヤーは裏にしてよく切り裏向きのまま山札にします。
もう片一方のプレイヤーは1~24まで番号を揃えて1つの山にして表向きに置きます。
裏側の山札のプレイヤーが1枚カードを捲り表にします。もう片一方のプレイヤーもそのカードに書かれている数字と同じカードを自分の山札から選びます。
そうしたらお互い自分の場を作りカードを配置して行きます。 カードを配置する際は既に置かれているカードに辺が隣接するように置かなければなりません(1ターン目だけは他にカードが置かれていないのでそのまま置きます)
また、カードを置く際4×4までの範囲内で置かなければいけません(各列縦横ともに4枚までしかカードを置けない)
resize1509.jpg
こんな感じになっていきます。
カードを配置したら各プレイヤーは任意で手持ちのワーカー1つを今置いたカードの上のいずれかの地形の上に置くか、すでに自分のいずれかのカードの上に置かれているワーカーを隣接する領域に移動させる事ができます
resize1515.jpg
(例)今1のカードを置きました。プレイヤーは農地の上にマーカーを置きました。
resize1514.jpg
(例)次のターンに5のカードを置きました。プレイヤーは既に農地に置いてあるワーカーを森に移動させました。

ワーカーの処理が終わったら
また1枚カードを捲り、お互いカードを配置するというのを繰り返して行き16枚のカードが配置されたらゲーム終了です。 それぞれ自分のワーカーの置かれた領域の得点計算を行います。

得点計算に関して
カード上にあるワーカー1つ1つを計算します。ワーカーが置かれている地形によって点数のつけ方が違います。

農地の場合
置かれている領域(同じ地形で繋がっている数)の農地分の得点が与えられます。

resize1513.jpg
(例)このワーカーは農地に置かれていて6マス分繋がっているので6点を得る事ができます。

森の場合
置かれている森の領域に縦もしくは横で隣接する領域の数分の得点が得られます。
※ただし塔付きの岩場が複数隣り合っていた時だけはそれぞれ別の領域として計算します
resize1511.jpg
(例)農地の領土2つ、湖の領土5つ、塔付きの岩場2つ(塔付きの岩場だけは繋がっていても別の領域扱い)なので2+5+2で9点得る事ができます。

湖の場合
置かれている湖に隣接(重要)する漁師小屋(水色)の数だけ得点が得られます
resize1512.jpg
(例)5つの漁師小屋が接しているので5点得ることができます。

塔付きの岩場の場合
マーカーの置いてあるマス(塔付きの岩場が複数隣接している場合でも有効なのはマーカーの置いてあるマスのみ)の縦横の一直線を見て森のゾーンの数だけ得点が得られます。
ただし直線上に他の塔付きの岩場がある場合、その先のゾーンは得点を得られません。
resize1510.jpg
(例)縦の列を見ると森のゾーンが3つあるので3点、横は2つ(奥の森は塔付きの岩場の奥にあるので含めません)あるので2点 計5点を得る事ができます。

全てのマーカーの得点を足し合計得点の高いプレイヤーが勝者です。
同点の場合には一番得点の高いワーカー同士を比べて高いほうが勝者です。それも同点なら2番目に高いワーカーをと続けていきます。全てが同点の場合は引き分けです。


1人用でも遊ぶ事が可能です。同じように行い
合計得点が高くなる様にします。 49点以上出すのが目標です。

プレイ記&感想

私(赤)、ゆーじ(黒)の2人プレイ
最初、珍しいなゲームだな~と感じました。というのもお互い使うカードが全て同じで手番といったものもなく同時に配置する為条件がまったく同じなのです。 将棋なんかでも先手と後手ではわずかながら先手が有利(プロ通しだと先手の勝率が52%前後と若干高いらしい)なようで完全に同じなゲームってかなり少ないのではないかなと思っています。

カードの置き方は同じ地形通しをつけなければならないわけではないので配置はかなり自由度が高い。しかしながら得点を稼ぐには同じ地形を繋げた方がいいので何箇所かは数繋げて高得点を狙いたい所。対戦相手に何かやられたりとか干渉される事ははまったくないゲームなので自分の場だけ見ていれば良い。 これは人によって評価が分かれると思う。
 4種類地形があるうちどれが稼げそうかを考えたすえ、森を大きくして高得点を稼ぐ事を考える。大きくした森のラインに塔付きの岩場を置けば更に得点アップだ! 農地に関しては何も考えることなく繋げてければその分だけ点数が上がるので分かりやすく森のないカードを置く時はこれを伸ばすようにしていった。16枚カードを置くわけですがフィールドは4×4で最終的に全部埋まるわけでそれゆえ終盤は置く場所の選択肢が少なくなっていく。 この地形のカードがくればと思っていてもこなくて苦しい。 ゆーじも同じような感じみたい。
16枚のカードを置ききって終了
resize1516.jpg
私の完成図 森と農地がメインで塔付きの岩場でもそこそこ稼げたかな。 合計得点44点
resize1517.jpg
ゆーじの完成図 森と湖が得点のメインか 合計得点44点
同点だったので一番得点の稼げたワーカーでの比較すると11点同士でこれまた同点、2番目は私11点、ゆーじ7点で私の勝ち
どの地形のカードが出てくるかが分からない所と4種類の地形でそれぞれ計算方法が違うというのが どう置くかといった悩ましさを出してくれて面白い。ただこのゲーム1人用でやるのと2人用でやるのでは変化がないのでわざわざ遊ぶ人が居るときにやらなくても1人で遊ぶ時にやればいいかなと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/90-a2984b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)