プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟻の国 Myrmes
resize1555.jpg

プレイ人数 2~4人 プレイ時間 約75分 対象年齢 10歳~

各プレイヤーは蟻のコロニー(巣)1つを率いて他の蟻達(他のプレイヤー)よりも優位に立つ事を目指すゲームです。

resize1560.jpg
ゲームボード
resize1559.jpg
これはプレイヤーボード 各プレイヤーはこれを自分の手元に置いておきます。

このゲームでは1ターン毎に季節が移り変わっていきます(1ターン目1年目の春、2ターン目1年目の夏 こんな感じ)
ゲームの期間は3年間なのですが冬は食料を払うだけで行動できないので全9ターンと考えていいと思います。

ターンは6つのフェイズから成り立っており
①イベント
②誕生
③働き蟻の移動
④収穫
⑤仕事場
⑥貯蔵庫の資源駒数の調整

この順番に処理して行きます。

①イベント
春のターンの場合は最初にダイス3つを振り、それぞれの季節の場所(冬は除く)に出た目のまま置きます
resize1554.jpg
プレイヤーボード左下にある、季節のダイス目の場所に自分のキューブを置きます。
resize1553.jpg
この写真では2の目だった時の例 各プレイヤーはこのキューブの乗っている場所に書かれている特権をこのターンでは受ける事ができます。例えば1の目の場所だったら得点(勝利点)を貰える場面があったら+1されるなど効果はそれぞれ違います。
また幼虫駒(白いキューブ)があれば使うことによって1つにつき左右どちらかにキューブの位置を1つずらす事ができます。

②誕生
自分の育児蟻駒(6角形の駒 ゲーム開始時は3つ)をプレイヤーボード上の行動したい場所に配置します
resize1558.jpg
置ける場所は4箇所あり写真左側は幼虫部屋、1つ置けば幼虫駒(白いキューブ)1つ、2つ置けば3つ、3つ置けば5つ誕生させる事ができます。 ちなみに幼虫駒3つで食料駒(緑のキューブ)にゲーム中いつでも変える事ができます。
左上は兵隊蟻部屋、2つ置けば1匹、3つ置けば2匹兵隊蟻を誕生させる事ができます。
右上は働き蟻部屋、2つ置けば1匹、4つ置けば2匹働き蟻を誕生させる事ができます。
右下は仕事場 ここに置いた数だけフェイズ⑤で行動する事ができます

③働き蟻の移動
働き蟻が居る場合にはこれを使って地上に派遣する事ができます。
resize1552.jpg
派遣した場合ゲームボード上の自分の巣の穴がある所から出発して3歩まで歩く事ができます。歩いた後はフェロモンを残しその蟻は死にます フェロモンは置いた場所の地形に応じて食料駒(緑色のキューブ)、土粒駒(茶色キューブ)、石粒駒(灰色キューブ)を生産できます。
resize1564.jpg
(例)黄プレイヤーの手番です。この自分の巣から働き蟻を出し移動させました。
resize1557.jpg
2歩左のマスに移動してフェロモンを置きます、この働き蟻は死にます(個人ストックに戻ります)このフェロモンを置いた場所の地形は石と土だったのでそれぞれのキューブを上に置きます。
置けるフェロモンの大きさは巣の深度が深いほど大きくなり(深度の上げ方はフェイズ⑤参照)
resize1548.jpg
このような大きい物も置く事が得られます。中央に数字が書いてありますがこれは置いた時に貰える得点(勝利点)です。
また地上には獲物が居るので働き蟻の移動でその場所に行く事によって捕獲する事も可能です。
ただし捕獲するには兵隊蟻が必要です。
resize1549.jpg
(例)巣のそばにテントウムシや蜘蛛が居ます。
resize1562.jpg
これが捕獲に必要な兵隊蟻の数(剣の数)と捕獲した時に得られる物です。使った兵隊蟻は死にます。

働き蟻は地上ではなく巣の中で活動させる事もできます。その場合得られる物は少ないですが、死ぬ事はないので次の季節以降に使う事が可能になります。

④収穫
各プレイヤーは自分の置いたそれぞれのフェロモンの上に乗っている任意の資源駒を1個ずつ取る事ができます。

⑤仕事場
フェイズ②で仕事場に育児駒を置いた場合に行動する事ができます。
resize1551.jpg
このような4種類から好きな所を選べます。写真左はボードに新しい巣穴を作れてかつ土粒駒が1つ貰えます。
写真上は自分の巣の深度を深くする事ができます。ただし深くするにはそれぞれの深さに応じて必要な資源がありそれを払わなければなりません。必要な資源はプレイヤーボードの右に書かれています。
resize1561.jpg
上から順に深度レベル0~3(最初は1)数字の上にそのレベルになるのに必要な資源が書かれています。
写真右は目的の達成
resize1550.jpg
このようなタイルがありこのタイルの得点を得るのに必要な条件(コスト)が書かれています。これを支払う事により得点が入ります。
写真下は新たな育児駒 食料駒(緑のキューブ)2個と幼虫駒2個を払う事により育児駒を1つ増やす事ができます。

⑥ターンの終了
プレイヤーは自分の持っている資源駒は個人ボードの貯蔵庫において置くのですが4つしか次のターンには持っていく事ができません(深度レベル2になれば6つまで可能) なのでそれより多く持っている場合には4つ以下になるように資源駒を捨てなければなりません。

これで1ターン終了でまた次の季節に入ります。
ただし冬だけは特殊でフェイズ1~6の行動は行わず食料の支払いを行わなければなりません。
resize1556.jpg
1年目の冬は食料駒4つ、2年目は5つ、3年目は6つ必要です。足りなかった場合には1つにつき得点が-3点されます。
ただし兵隊蟻が居る場合には1匹につき1必要な食料を減らす事ができます(これにより兵隊蟻が死ぬ事はありません)

3年目の冬が終わったらゲーム終了で最も得点の高いプレイヤーが勝者です。

感想

蟻の生活(?)を題材にしたゲームで資源の管理が非常に悩ましくそこが面白い所だなという感じがしました。
フェイズ②では自分が行動を行いたい場所に駒を置いていくわけですが(ワーカープレイスメント?)個人のボードにそれぞれが置いていくので取り合いとかそういった物が一切無く新鮮に感じました。 後は最初から3年目の冬で終わりというのが分かっているのもこのゲームに関しては良いかな 最初に書いたように資源管理が悩ましいので終わりまで条件付でそこまで考慮すると大変そうです。
残念なのはせっかくの外の世界を現した素晴らしいゲームボードがあるのに使うのはフェイズ③の移動のみなんですよね(一応フェイズ⑤でも使いますが) 地上の移動はこのゲームでは超重要なのでフェロモンを沢山置いていくパターンにだいたいがなるのですがもう少し出番が欲しかったかな~と
後数多く遊んでいると序盤やる事がある程度決まってしまっている感じがします。
なんだかんだで定期的に遊びたくなるゲームです。

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/94-25ad13a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。