プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
コンコルディア CONCORDIA
resize1592.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 90分 対象年齢 13歳~

resize1597.jpg
ゲームボード こちらはイタリアマップ(2~4人用)
resize1596.jpg
帝国(インペリウム)マップ(3~5人用)
州毎に色が違っています。州は全部で12(イタリアマップでは11)あります。
resize1586.jpg
各自が持つ倉庫 ゲームの最初はこれだけの物が入っています。左側にあるのが入植者コマ 人と船の形をしている物があり人は陸路を船は海路を進む事が可能です。
物品は煉瓦、食料、道具、酒、織物と5種類あり上に書いてある数字がそれぞれの売り買いする時の値段を表していて数字の高い物品ほど価値が高いという事になります

このゲーム手番にやることは手持ちのカードを1枚手元に出しそのカードに書かれているアクションを行う、これだけです。

resize1591.jpg
初期状態ではこのような6種類のカード(長官カードは2枚あるので計7枚)を持っています。
それぞれのカードの効果は

建築家
ボード上にある自分の入植者コマを動かし、隣接する場所に家を建てる事ができます。
ボード上にある自分のコマの数だけの歩数移動する事が可能です。 家を建てる時はその都市の種類毎に決められた物品とお金を払う必要があります。
resize1598.jpg
(例)黄の手番です。建築家カードを出しローマに居た(最初は全部のコマがローマに居ます)入植者を2マス(コマが2つあるので2マスまで動ける)動かしました。食料もしくは物品の都市に必要な物を支払い家を建てる事も可能です。
resize1590.jpg
これが必要な物を表している表です
resize1587.jpg
煉瓦、道具、お金3を支払い道具の都市に家を建てました。

もしその都市に既に他の人が家を建てていた場合には支払うお金が倍になります(2人が既に建てていたら3倍、3人なら4倍となっていきます)

商人
まずお金を3貰い、2種類までの物品の売却を行う事ができます。2種類までなので 2種類を売るor買う 1種類を売る1種類を買うのいずれかになります。個数に関しては制限はありません。売り買いの値段に関しては倉庫に書かれた数字の通りです。
(例) 手番のプレイヤーは商人のカードを使いお金を3貰ってその後自分の持っている織物4つ(7×4)を売りお金28を得てその後食料を5つ(4×5)買いお金20を支払いました。

長官
(ⅰ)か(ⅱ)どちらかのアクションを行います。
(ⅰ) ボード左上の物品の描かれているタイルのどれか1枚を選び、その物品を受け取りタイルを裏返します。
そしてその裏返したタイルの置いてある州に家を建てている人(手番のプレイヤー以外も)はその場所で生産される物品を受け取る事ができます。
resize1585.jpg
(例)黄の手番です。長官カードを使いBRITANNIA州の織物タイルを裏返しました。
resize1595.jpg
織物1つを貰い、黄はこの州の道具の場所に家が建ててあるので道具も1つ受け取る事ができます。

(ⅱ)裏返っているタイル(お金が書かれている面)全てを表向きに戻し、その総数だけのお金を得る。
resize1589.jpg
(例)このような状態になっています。長官カードを使い裏向きになっているタイル全てを表向きに戻しました。
書かれているお金の総額(1+1+2+2) 6を受け取る事ができます。
resize1584.jpg

護民官
既に出された手元にあるカード全てを回収して手札に戻す事ができます。これらのカードはまた使う事ができるようになります。回収したカードが3枚を超える場合には4枚目以降1枚につきお金を1受け取る事ができます。
続いて 食料と道具を1つずつ払う事によって自分の倉庫にある入植者を1つボード上のローマの場所に置く事も可能です。

元老院議員
ボード右上に置いてあるカードを2枚まで購入する事が可能です。
買ったカードは手札に加え次の手番以降使えるようになります。
購入の際はカード下部の方に書かれている物品が必要です。またボード上のカードの置いてある場所によっては?や織物が書かれている場所がありその場所に置かれているカードを買うには?は何でもいいので物品1つ、織物なら織物を追加で払わなければ買う事ができません。
resize1594.jpg
(例)手番のプレイヤーは元老院議員カードを使い長官カードと執政官カードを買うことにしました
resize1588.jpg
長官カードには酒が書かれているので酒を、執政官カードには織物が書かれているので織物を、更に織物が描かれているのでもう一つ織物が必要です。これらを払いカード2枚を購入しました。

外交官
他のプレイヤー1人を選び、前順使ったカードの能力をそのままコピーして使う事が可能です。
ただし護民官や外交官カードのコピーはできません。

※他にもカードに書かれた物品を支払うだけで1枚買える執政官カードや対応する物品に家が置かれている数だけその物品を貰える専門家カード コストを支払えば一度に入植者を複数ボード上に配置したりお金を貰える入植者カードなどもあります(これらは初期状態ではなく買い物によって手に入れる事が可能です)

手番を繰り返していって誰かが家を15個建てるか場のカード全てが買われたら他のプレイヤーが後1回ずつ手番を行いゲームが終了して得点計算に入ります。 このゲーム終了フラグをたてた人は勝利点7を得る事ができます。
ゲーム終了後倉庫に残った物品全てを売りお金にします。
resize1583.jpg
手持ちのカード下部にはこの6種類のいずれかが書かれているので種類毎に分け計算をします。

VESTA
持っているお金10につき1得点(勝利点)を得る事ができます

JVPITER
煉瓦以外の都市に建てられた家1個につき得点1を得る事ができます

SATVRNVS
自分の家が置いてある州1つにつき得点1を得る事ができます

MERCVRIVS
自分の家を使って生産可能な物品1種類につき得点2を得る事ができます

MARS
ボード上に置いた自分の入植者コマ1つにつき得点2を得る事ができます

MINERVA
カードに示された種類の都市に置いた家1つにつきカードに書かれた得点を得る事ができます


resize1593.jpg
(例) ゲーム終了時お金を23持っていました。VISTAのカード1枚なので1×2で2点
煉瓦以外の場所に家を11個建てました。JVPITERのカード3枚なので11×3で33点
10個の州に家を建てました。SATVRNVSのカード3枚なので10×3で30点
4種類可能な生産物品がありMERCVRIVSのカード2枚あるので4×2×2で16点
ボードにある入植者コマ数は3個です。MARSのカードが2枚あるので3×2×2で12点
MINERVAは織物を生産できる場所が2つあるので5×2で10点 酒を生産できる場所が1つあるので4×1で4点
得点は2+33+30+16+12+10+4=107点
といった感じになります。

感想

確かにやる事はカード出すだけですしアクションの1つ1つも説明聞けばふーんという感じで分かりますしゲーム終了後の6種類ある得点要素も分からないわけではありません。
しかしながら得点稼ぐにはどうすりゃいいの?という疑問にぶち当たってしまいます。
家を建てるのが大事で(6つの得点要素のうち4つに家が関わってきます)バンバン建てていこう、家を建てる為には金や物品が要るのでその材料や金を集めるべく他のアクションもしていこうとか最初はこういった考え方がいいと思います。
得点の倍率を上げる為や、やりたいアクション回数の増加にも関係してくるためカードの購入も絶対必要です。
ここいらを考える所が一番楽しく感じられる事ですかね。ゲーム途中で点数が入るという事がないのでよくあるトップが集中して叩かれるといった展開もなくて、先にあの場所に家を建てられてしまったとか欲しいカードを買われたとかそれぐらいの物で他人を気にするよりは自分の事を考えるべきかなと感じます。というか自分の事を考えるのに必死で他人の事まで考える余裕がなかなかないです^^;
バランスが良く取れているのか物品やお金の管理など悩ましいですね。
1回やると仕組みがけっこう掴めてくるので忘れないようにすぐにもう一度遊んで欲しい所ですが1回にかかる時間が長く頭つかって疲れてしまうので連続プレイは厳しいかもしれません。
日本語版が最近でたのですがゲーム中(特に初プレイ) えっとこの効果なんだっけといった感じでマニュアル確認のような展開になりがちだったがずいぶん減り遊びやすくなったのでよかったと思います。
同じ作者の方でナビゲーターというゲームがありこれも私は大好きなゲームなのですが航海がテーマなのに中盤以降まったく航海をしない人が出てきてしまう(それで勝てる時もある)事が多かったので全てのアクションが必要な方がいいかなと思っていてそれが解決した感じだったので大満足なゲームでした。

評価 良良
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/96-8aafad38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)