プロフィール

経

Author:経
群馬県南部に住む僧侶
妻と双子の娘2人と猫と毎日楽しく暮らしています
リンクはフリーです
ご意見や問題の記事などがありましたら
kinako20120アットマークyahoo.co.jp までご連絡頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ボードゲーム大好き坊主
変人が遊んだボードゲームを好き勝手に評価したり語っています。
カルタヘナ2 Cartagena 2 Das Piratennest
resize1624.jpg

プレイ人数 2~5人 プレイ時間 30~45分 対象年齢 8歳~

前作(カルタヘナ1)で海賊達は峠から脱出をしました。
しかしまだ安全ではなく今回は島から移動して海賊の街に到着して安全を得られる事を目標とするゲームです。
ゲームの内容はカタルヘナ(1)とかなり似ています。

resize1623.jpg
写真左上に居るのが各プレイヤーの海賊 自分の色の海賊コマ6個全てを右下の街に連れて行くのが目標です。
小さい島(タイル2つで繋がったもの)と大きい島(タイル3つで繋がった物の)の2つがあり、小さい島のスタート地点(写真左上)からボートまで行き、ボートで大きい島に行き(写真左下)、そこから街に向かいます。

まず最初に全員にカードを7枚ずつ配り、最も海賊っぽく見える人がスタートプレイヤーになりその人から手番を行っていきます。
手番では
・カードを1枚場に出し、自分の海賊どれか1つを前進させる
・他のプレイヤーの海賊を前進させカードを獲得する
・ボートを移動させる

この3つの中から3回までアクションを行う事ができます。同じアクションを何回も行うことも可能です。
※特殊な場合として手番になった時に自分の海賊が最も多くボートに乗っていた場合(他のプレイヤーと同数で最も多くても可)、手番の最初にボートを移動させる事ができます(任意) これはアクションとして見なされないのでこの後に3回までアクションを行う事ができます。

それぞれのアクションについての説明

カードを1枚場に出し、自分の海賊どれか1つを前進させる
カードには島タイルに描かれている絵柄7種類のうちいずれかの絵が描かれています。
自分の海賊コマどれか1つを次の出したカードの絵の描いてある空いたマスまで前進させる事ができます。カードの絵のマスに他の海賊が居た場合にはその次のその絵のマスまで行きます。その島のその絵のマスが全て他の海賊で埋まっている場合には小さい島ならボートまで、大きい島なら街まで行く事ができます。
ただしボートには同じプレイヤーの海賊コマは3つまでしか一度に乗ることはできません。
出したカードは捨て札になります。
resize1622.jpg
(例)黄の手番です。鳥のカードを出しました。自分の海賊の中から1つ選び前進させ空いている鳥の絵の描いてあるマスまで移動させます
resize1630.jpg

resize1631.jpg
(例)黄の手番です。鉄砲のカードを出しました。
resize1625.jpg
既に小さい島の鉄砲の描かれたマスには全て他の海賊が乗っているのでスタート地点から一気にボートまで行く事ができます。

カードの中には枠が黄金になっている物があります。
resize1633.jpg
これを出した場合にも通常と同じように使う事ができるのですが、出した瞬間手札が8枚以上あるプレイヤーは全員7枚になるようにカードを捨てなければなりません。

他のプレイヤーの海賊を前進させカードを獲得する
任意の他のプレイヤーの海賊コマ1つを選び、最も近くの海賊コマが1つ、もしくは2つあるマスまで前進させます。
海賊コマが3つあるマスは飛ばします。
移動先が海賊コマが1つ置かれている場所だったら1枚、2つ置かれている場所だったら2枚 山札から引く事ができます。
resize1632.jpg
(例)黄の手番です。手持ちカードの枚数が少なくなってきたので他のプレイヤーの海賊コマを移動させカードをもらいます。
緑のプレイヤーの海賊コマをコマが2つある場所に移動させました。
resize1626.jpg
2つコマがある場所に移動させたので2枚カードを引く事ができます。

ボートを移動させる
小さい島から大きい島へ、もしくは大きい島から小さい島へと移動させる事ができます
resize1627.jpg
(例)黄の手番です。小さい島から大きい島までボートを移動させました
resize1634.jpg

手番を順番に繰り返していき、誰かが自分の海賊コマ6つ全てを街に到達させたらその瞬間にゲーム終了でそのプレイヤーが勝者です。

実際のプレイ&感想

resize1635.jpg
私(黄)、ゆーじ(緑)、グレイ(茶)、ケンケン(青) の4人プレイ
他の盗賊が居れば一気に進むことも可能なので最初の印象としてはスタートプレイヤーは厳しいのかなという感じ
実際やってみるとみんなモリモリ進んでいくのでそんな差は感じない。となるといかに効率よくアクションを割り振って一番先に街に全員をたどり着かせるかにある。船に乗れる自分の海賊は3人まで つまり1回で3人ずつ連れて行けば2回で済むわけだし最も多く乗っていればアクションポイントを使わずに移動させられるので当然これを狙うのだがなかなかうまくいかない、というのもボートを移動他のプレイヤーに移動させられ、カードを取りたいから海賊を動かされてしまうのだ。
これが実にキビシイ なかなか計画通りにいかない。  ここが面白い所ですね
resize1628.jpg
勝負は中盤~終盤に ゆーじが3つ既に街に連れてっているので有利に見えるが2人まだ小さい島に居る状態
ケンケンが全て船に乗せたので早そうである こちらも急ぎたいのだがカードの枚数もなく一気に進めるのは厳しい。
やっと全てを大きい島に移動させた辺りでケンケンがゴール 全然間に合わなかった。
やってみた感想としては至って普通、特に作りなど感心した所もなければつまらない訳でもなくちゃんとゲームとして成り立っている。一気に進んでいける所が良いと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kinako0503.blog.fc2.com/tb.php/99-915fd021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)